個の時代が進む21世紀

洗濯槽クリーナーで洗濯槽の掃除-洗濯機のカビ汚れ除去で皮膚病予防

全自動洗濯機、槽洗浄

ほとんど梅雨が無い北海道を除き、6月の梅雨の時期から大気中の湿度が急上昇します。

特に通気性が良くないマンションの浴室の手入れが不十分だと、黒カビが発生しやすくなります。湿度が高くなる6月から残暑が続く9月までは、カビや細菌にとっては心地よく繁殖しやすい季節。

マンションでも一戸建てでも、洗濯機は概ね浴室の近くに設置されていることが多いのではないでしょうか。浴室周辺は換気に気を付けないと、湿度が高くなりやすい場所。

ここで、全自動洗濯機のメンテナンスについて意外と無頓着な人が多いのではないでしょうか。

全自動洗濯機の構造上、洗濯槽(ドラム)の裏側は洗剤カスや黒カビ、雑菌の温床になりやすい問題があります。しかし、洗濯槽をのぞいても、裏側の汚れが見えないこともあって認識不足なのかもしれません。

全自動洗濯機のドラム裏側は高い確率で汚れが付着しているため、洗濯槽の洗浄は必須と言えます。

 

洗濯槽の裏側の黒カビ汚れ

6~9月にかけては、洗濯槽の裏側にカビが発生している可能性があります。多くの場合、カビが発生していると考えた方がいいでしょう。

もし、洗濯物に黒い海苔、ワカメのようなものが付着していたら、洗濯槽の裏側はかなり汚れています。

 

全自動洗濯機

洗濯槽の裏側の汚れは見えない

 

粉せっけんの問題点

洗濯用の粉石けんを使うと洗濯物の仕上がりが柔らかく、肌に優しいメリットがあります。肌が弱い人や肌トラブルを抱えている人は粉石けんを使っている人も多いと思います。

合成洗剤であれ洗濯用の粉石けん洗剤であれ、洗濯物には微量の洗剤成分が残っている前提で考えた方がいいでしょう。合成洗剤にはメリットがあるものの、皮膚の事を考えたら粉石けんを選ぶ人も多いのではないでしょうか。

しかし、洗濯用の粉石けんを使うと、洗濯槽の裏側が汚れやすいという難点があります。これでは、洗濯機で洗濯物に付着している皮脂や汗を洗浄しても、同時に「カビ」と「雑菌」を付けているようなものなのです。

健康被害を予防

もし、白癬菌(はくせんきん)による水虫、いんきんたむし、アレルギー等の皮膚トラブルの症状があるならば、複数の原因の中の1つとして洗濯槽の汚れを疑った方がいいかもしれません。

カビによる健康被害を予防するためにも、洗濯槽のカビ汚れに注意を払う必要があります。これは、粉せっけんのみならず、合成洗剤を使用していても同様です。

そこで、清潔で健康的な生活のためには、洗濯槽の洗浄、掃除が欠かせません。

 

酵素系漂白剤で黒カビの除去、掃除

全自動洗濯機の取扱説明書には、純正クリーニング剤の使用が推奨されています。しかし、わざわざ純正品の洗濯槽クリーナーを取り寄せるのは面倒なもので、酸素系漂白剤(液体)が便利。

一例として、「手間なしブライト」はドラッグストアやホームセンターで売られているポピュラーな酵素系漂白剤。

 

手間なしブライト つめかえ用 720ml

ドラッグストアやホームセンター等では、全自動洗濯機用の洗濯槽クリーナー(塩素系)が販売されています。しかし、コスパでは酸素系漂白剤が上だと思います。

 

洗濯槽の洗浄方法

全自動洗濯機、槽洗浄

 

全自動洗濯機には「槽洗浄」モード機能が搭載されています。

(1)全自動洗濯機の電源をON。

(2)コース設定で「槽洗浄」を選択。

(3)お湯が出るように蛇口をセット。(水でも可)

この時、40℃以上のお湯を入れることで洗濯槽の汚れが取れやすくなります

(4)酸素系漂白剤(一例として、詰め替え用の手間なしブライト720ml)を洗濯槽に入れる。

(5)槽洗浄スイッチをON。

槽洗浄モードがスタートすると、注湯(注水)しながらクリーニング液の撹拌モードが数分続きます。

(6)その後、自動停止モード(つけ置きモード)に入ります。

(7)つけ置きモードが終了すると、漕洗浄がスタート。排水後に自動停止。

洗浄完了まで一晩ほどかかるため、夕方にセットしておけば、翌朝にはクリーニングが完了しています。

 

もし、全自動洗濯機を購入してから何年も経過し、一度も洗濯槽を洗浄したことが無いならば、1回の槽洗浄では洗濯槽の汚れは取り切れないと思います。洗濯槽の裏側は間違い無くカビが付着しているため、槽洗浄を何回か繰り返す必要があるでしょう。

この場合、「洗たく槽カビキラー」のような塩素系洗濯槽クリーナーを使い分けてもいいと思います。

もちろん、酸素系と塩素系洗剤を混ぜてしまうと、有毒ガスが発生するため非常に危険です。1回目の槽洗浄では酸素系クリーナーを使い、2回目の槽洗浄で塩素系クリーナーを使うといったクリーニングも方法の1つです。

 

洗濯槽は毎月の洗浄が理想的

洗濯槽の洗浄頻度は湿度が高い「6~9月」までは、衛生面を考えて毎月、洗浄してもいいと思います。槽洗浄は自動で手間がかかるわけではありません。また、LION「手間なしブライト」詰め替え用は100円前後で販売されていてコスパが高いと言えます。

なお、今でも一部使われている二槽式洗濯機ならば、このクリーニングは不要。

最後に、洗濯機のフタは常時、開けた状態で風通しを良くすることでカビやニオイ予防に繋がります。

関連記事

コメント

    • マッキー
    • 2017年 12月 09日

    ごきげんよう。
    洗濯しているからと言って、
    洗濯槽まできれいになっているんじゃないんですよね。
    年末ですし、洗濯槽も大掃除します。
    ためになる情報をありがとうございます。

      • Heeday
      • 2017年 12月 09日

      こんにちは。

      洗濯槽の裏側の汚れは盲点かもしれませんね。

    • フジト
    • 2017年 12月 14日

    こんばんは。
    洗濯槽の裏側一度見たことがありますがやはり汚れていましたね。
    と知りつつ掃除はしてなかったので参考にして取りかかろうと思います。。
    蓋を開けて乾燥させることも初めて知りました。家族に伝えたいと思います。
    参考になる情報ありがとうございました。ランキング応援させて頂きました。

      • Heeday
      • 2017年 12月 14日

      こんにちは。

      カビの健康被害を防止するためにも、洗濯槽の掃除は大切だと思うのです。

    • まるい
    • 2017年 12月 15日

    こんにちは。
    洗濯層の裏は見えないので汚れているのに
    気が付かないですよね。
    洗濯層クリーナーは定期的にしていますが
    なかなか落ちてない?と思うことがあります。
    何度も洗うしかないですかね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び