個の時代が進む21世紀-高林秀亘

韓国のサムスンやLGが日本の家電メーカーを凌駕したワケ

秋葉原

日本の家電メーカーが韓国のサムスンやLGを相手に苦戦しているのは昨日、今日に始まったことではありません。

かつて、日本の家電メーカーは電気製品に対して高い付加価値を与え、痒いところに手が届く設計で世界に君臨していました。

日本の家電製品の品質、先進性、信頼性のどれをとってもJapanブランドはダントツです。(でした。?)但し、操作性(UI=User Interface)を含めて、まったく問題が無いわけではなかったのです。

日本の家電メーカーはモデルチェンジの度に製品に新たな付加価値を加え、高い値段で売るというビジネスモデルの繰り返しであったような気がします。それは至極まっとうなビジネス手法。

しかし、新興国に対して、機能を省いた廉価品を大量に販売するという概念が欠けていたのも確かなのです。

以下の世界企業、時価総額ランキングによりますと、サムスン電子は20位にランキングし我がパナソニックは304位。

 

世界の企業、時価総額ランキング

サムスン電子 27位 (2016/10現在)

世界時価総額ランキング new_window_icon_black

 

今となっては、サムスンやLGの電気製品が日本市場に随分浸透しています。身近な例ではスマートフォン。

 

海外では韓国ブランドの圧勝

海を渡った向こうの国々では、テレビやエアコンのような代表的な家電製品にいたっては、韓国ブランドの圧勝状態。要は、韓国ブランドは日本ブランドと比べて値段が安くて品質がそこそこなのです。

日本の家電メーカーは高付加価値と高価格の呪縛に縛られ続けている間に、価格攻勢を仕掛けてきた韓国勢の後塵を拝するような事態に直面しています。

 

TV

 

インドネシアでも韓国ブランドの電気製品がポピュラーです。電気店の店頭には、必ず韓国ブランドのSAMSUNGとLGテレビが陣取っています。

現地では2~3万円の月収が現実的。その収入で5~6万円のテレビはやはり高額品。

それでも日本の家電メーカーは過去において日本ブランドを笠に着て、付加価値の高い製品を販売してきました。

世界の人口構成比率、そして多くの人口を擁する中国やインド、インドネシア国民の年収からすると、地球上の多くの人々にとって1台5~6万円のテレビは高額商品であり簡単には買えないのです。

それどころか、インドのように電気の供給が不安定な国が珍しくありません。今となっては、インドでは完全に韓国ブランドがマーケットを押さえているのです。これが意味するのは、サムスンもLGも日本ブランドより安くて品質が悪くはないのです。

 

私は家電メーカー関係者ではありませんし、詳細な裏事情は知りません。

しかし、外野から眺めている一日本国民からすると、今まで日本の家電メーカーは「驕れる者は久しからず」を地で行くような側面が多々あったと想像できるのです。

 

3Dテレビは失敗

すでに薄型テレビがある日本の家庭に対して、テレビを買い換えてもらうのは容易ではありません。かといって、3Dテレビは企画先行型の製品。

3Dテレビを見る時、専用のメガネをかける必要があります。

お茶の間の皆が変なメガネをかけている光景は異様です。視力が良くない人はどうすればいいのでしょうか。家族4人分のメガネを揃えたら、それだけで2万円以上。

そのお金でもう一台、小型液晶テレビが買えてしまう。

 

来客に3Dテレビを観てもらうためには、無理強いして、お客さんに専用メガネをかけていただくのでしょうか。それ以前に、来客用のメガネを揃えておく必要があるのです。

ジャパネットたかたが取り扱っている3Dテレビは10万円台後半から20万円台が普及クラス。この3Dテレビが普及しなければ、3D対応のテレビ番組や映画のソフトも増えていきません。

結果的に、3Dテレビが普及したのか否かは言うまでもありません。

 

UIを研究すべき

海外のテレビを持てない圧倒的な人々の購買意欲は高いのです。日本の昭和40年代と同じ。要は手元のお金の量と商品の価格設定にミスマッチの問題があるのです。

そこに入り込んだのが韓国メーカー。韓国勢は別段、難しいことをやってきたわけではないのです。

日本ブランドがこのような▼TVを製造していないことに疑問を抱きますし、日本の家電メーカーはもっとUIを勉強してほしいと思うのです。

ユーザーインターフェイスが優秀 – LGエレクトロニクスTV new_window_icon_black

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com