個の時代が進む21世紀-高林秀亘

遅い弱いWi-Fiルーターの電波強度を100円で強くする超簡単な方法

キッチンガード

2階建ての一戸建て住宅にWi-Fiルーター/無線LANを設置すると、場所によっては電波の弱さが気になることがありませんか?

通信速度が遅いため、iPhoneやAndroidスマホ、タブレット、ノートPCで再生中のYouTube動画が途切れてしまったり、ネットサーフィンやメールチェックにも支障が出る場合があります。

一戸建て住宅の場合、1FにWi-Fiルーターを設置することがほとんどだと思います。

1FにWi-Fiルーターを設置すると、1Fではノートパソコンやスマートフォン等のデジタル機器は概ね問題無く使えると思います。1Fでも場所によって電波が弱いのであれば、巨大な豪邸でしょうからWi-Fi中継器が必要かもしれません。

ところが2Fでは、Wi-Fiルーターの電波の弱さが気になる場合があるのではないでしょうか?床と壁、ドアが障壁となり、電波が減衰しやすくなります。

そこで、手軽で簡単にWi-Fiルーターの電波を強くする方法がないものかとテストしてみました。

Wi-Fiルーターの電波をアルミパネルで強くする

Wi-Fiの電波が弱くなる原因はケースバイケース。そこで、Wi-Fiルーターの速度を上げる高速化計画を考えてみました。

Wi-Fiの電波を強くする方法をネット検索すると、情報がいくつか出てきます。

All Aboutの記事によると、Wi-Fiルーターの裏側にアルミホイルを設置することで、電波強度が上がるテスト結果が出ています。All Aboutの執筆者が「Wifi Analyzer」というAndroidスマホ用アプリを使用して検証したところ、アルミホイルの設置方法によっては電波強度が上がる記事が公開されています。

なお条件として、アルミホイルの面積が小さいと、電波強度が不安定になるようです。

500mlアルミ缶の使用

検索すると、Wi-Fiの電波を強くする具体的な方法として、500mlのアルミ缶をカットし、Wi-Fiルーターのアンテナ部分にセットする方法がヒットします。

しかし、アルミ缶をハサミやカッターでカットすると、カットしたエッジ部分が鋭利な刃物形状になるため危険。子供やペットがいる家庭ではやめた方が賢明です。

工具を駆使して刃物形状のエッジ部分を丸めることは可能なものの、これは、なかなか面倒な作業。アルミ缶のエッジ部分にビニールテープ等を貼り付ける方法もありますけど、美観を損ねてしまいます。

また、500mlのアルミ缶をカットして展開しても面積が小さく、効果が疑問なのです。よって、管理人的には微妙。

Wi-Fiルーターの設置場所を変える

次に、建物の中心付近にWi-Fiルーターをセットすることで、電波が放射状に家全体に広がります。しかし、外からの電話回線の設置場所の問題もあり、我が家の場合はルーターの移設は不可能。

そこで、管理人はキッチンで使用する「アルミ製レンジガード」を思いつきました。

アルミ製レンジガードを購入

早速、外出したついでにダイソーへ行きました。そして、ゲットしたレンジガードはこれ!

オーブンガード、アルミ

この商品名はキッチンコンロ用、グリルテーブルガード。価格は100円(税別)。

サイズは、横:83cm×縦:39cm。

丁度いいサイズのアルミガードが見つかりました。横方向のサイズが長いものの、不要であれば後からハサミで簡単にカットできます。このアルミガードは100均やスーパーマーケット、ホームセンターなどで手軽に入手でき、軽くてエッジ部分が丸く加工処理されているため安全です。

Wi-Fiルーターにアルミ製レンジガードを設置

このアルミ製のレンジガードを展開して、Wi-Fiルーターの後方に設置してみました。設置というより置くだけ。このWi-Fiルーターは1Fの壁際に設置されています。

キッチンガード

試しに、レンジガードの設置角度を手前側(おじぎするように)に傾けると、2Fの電波強度は明らかに弱くなり、ノートパソコンでYouTubeの動画再生が途切れやすくなりました。レンジガードを設置する角度が肝のようです。

なお、今の時点では見た目があまり美しくありません。今後、余分なアルミガードをハサミでカットするなりして、体裁を整えようと思います。

テストは成功

コントロールパネル>ネットワークと共有センター

アルミ製のレンジガードを設置後、2Fで使用するノートパソコンのYouTube動画の再生が停止する現象が無くなりました。

Windows10の「コントロールパネル」>「ネットワークと共有センター」画面の表示やタスクバーの右下に表示される電波強度アイコンは、ほぼMax状態。

アルミ・レンジガードを設置後、今まで隣接する家に飛んでいた無意味なWi-Fi電波を我が家に集約できるようになったからでしょう。

現時点で、Wi-Fiルーターにアルミパネルの設置は成功です。これなら、女性でも手軽に設置可能なため、試してみる価値はあるかもしれません。

マンションにも

マンションでWi-Fiルーターが壁際に設置されているならば、アルミ製のレンジガードを設置してみる価値はあるかもしれません。

Wi-Fiルーターのアンテナから放射状に360℃飛んでいる電波を自室にある程度、集約できるからです。お隣さんにWi-Fi電波を飛ばしていても無意味なので。

最後に

物事を解決するには、まず最初になるべく手間と費用がかからない方法からスタートします。それでダメなら、次の方法を考えてトライしてみるといいと思います。これにより、時間とコストを節約できます。

なお、アルミ製のレンジガードを設置してみても効果があまり感じられない場合、Wi-Fiルーターの中継器が必要になるかもしれません。Wi-Fi中継器は比較的買いやすい価格帯のため、快適なネット接続環境のために投資して損はない機器です。

【Amazon】

Wi-Fi無線LAN中継器

【楽天市場】

Wi-Fi無線LAN中継器

(注1)Wi-Fiの通信環境は機器や建築物によって異なります。アルミ製レンジガードの設置は自己責任でお願いします。効果がよく分からない場合、アルミ製レンジガードはキッチンで本来の目的に使いましょう。

(注2)ノートPCやスマホ、iPad等のタブレット機器がWi-Fi「2.4GHz」に接続中、ミニコンポやBluetoothスピーカー等のBluetooth「2.4GHz」に接続して音声出力すると、両電波が干渉してWi-Fiの電波が弱くなる場合があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


窓ガラスフィルムで快適空間-遮熱,断熱,省エネ,目隠し

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食と健康を探究するジャパンフード

口臭対策&ホワイトニング

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び