個の時代が進む21世紀

ユニクロヒートテックより暖かい最強の防寒着インナーはチョモランマ

雪山と女性

機能性インナー市場に火をつけたのは、みんな大好きなユニクロ/UNIQLO。

今や、ユニクロのヒートテックは冬の定番商品。この手の機能性防寒インナー肌着は他社からも続々と発売され、ウインターシーズンの必須アイテムと言っていいでしょう。

管理人もユニクロのヒートテックを何枚か購入しています。

肌にフィットする防寒下着は、確かにそれなりの保温効果があります。薄いヒートテックを1枚身に着けるだけで、明らかな違いを体感できます。

ところで管理人は、そんなヒートテックの更に上を行く強力インナーを愛用しています。管理人は特に冷え性という訳ではないものの、とあるきっかけでその強力インナーを知ったのです。

それ以来、TPOに合わせてヒートテックと強力インナーを使い分けています。

気になりますか?

特に冷え性の方や冬場の外仕事の多い方、寒さが苦手な方、バイク乗りの方は強力インナーを知っておいて損は無いと思います。では、強力インナーをレビューしてみたいと思います。

 

プロ仕様の最強インナー、ひだまりチョモランマ

冬を暖かく過ごすために、あれこれと重ね着をしても、着膨れして動きにくくなるだけ。それに、それほど暖かくはありません。やっぱり、暖かい防寒インナー肌着を身に着けるのが一番。

 

数ある機能性インナーの中で、極寒の厳しい環境下でも体を暖かく包んでくれる防寒インナーとして、プロ仕様の「ひだまりチョモランマ®」が挙げられます。

今、山を想像しました?

「チョモランマ®」は防寒着の商品名です。

 

漁師愛用のひだまりチョモランマ®

漁船、漁師

 

このチョモランマ®は、知る人ぞ知るインナーかもしれません。これは、そんじょそこらの機能性インナーとはワケが違います。チョモランマ®と一般のインナーを比べると、「プロ仕様」と「ファッション製品」くらいの差があります。

 

チョモランマ®は長年、極寒の海で働く日本の「漁師」の方々に愛用され、漁師を厳しい寒さから守ってきました。

極寒の中、漁師さん達は船上で体を動かすため、暖かくて発汗性に優れたインナーが求められるのです。暖かいインナーであっても、体を動かして蒸れてしまったら、逆に汗冷えしてしまいます。

チョモランマは機能性を第一優先して開発されている製品。プロから愛用されている製品の多くは機能性が第一優先するもの。

他にも、チョモランマはこのようなウィンターシーンに最適な防寒インナーと言えます。

 

ひだまりチョモランマの用途

雪山、女性

 

・寒冷地での屋外仕事

・山岳ガイド

・登山やトレッキング

・冬のアウトドア、キャンプ

・ウインタースポーツ(スノボ、スキー)

・釣り

・バイク通勤

・バイクツーリング

・冷え症の方

・寒さが苦手な方

あと、高齢や病気の方にも最適。

 

とにかく、このチョモランマは暖かい冬を約束してくれます。とキッパリ言えるのも、管理人自身がチョモランマを愛用して長いからです。

 

チョモランマの蒸れない特殊繊維に注目

ここで注意したいことが1点あります。

それは、いくら暖かい防寒インナーを身に着けても、生地によっては体を動かして発汗すると、汗冷えしてしまいます。

例えば、ヒートテックの繊維にレーヨンが30%前後使われています。レーヨンは肌ざわりがいい特徴があるものの、体を動かして汗をかくと乾きが遅い傾向があります。繊維の乾きが遅いと、それが原因で逆に体を冷やしてしまいます。

体を動かして発汗するシーンでは、レーヨン生地の着用はあまり適さないのです。

 

例えば、雪山で体を動かすスノボやスキーの場合、体を動かすことで体温が上がって発汗します。そして、リフトに乗るとインナーによっては体の冷えを感じるのです。

また、山岳ガイドのようなプロの世界では、登山中は体温が上がり発汗します。

問題は下山の時。

下山時、体の負担が大きく、肌着が汗を吸収したままだと、その湿った繊維が体を冷やしてしまいます。プロの世界ではレーヨン生地の肌着を着ないのが常識なのです。

 

チョモランマの素材は「ダンロン®」

チョモランマ-qomolangma

チョモランマ

 

チョモランマの肩部分と袖口。

生地が非常に厚くて伸縮性があります。肘とヒザを曲げても生地の突っ張り感はまったくありません。

 

チョモランマ-qomolangma

チョモランマ

 

ひだまりチョモランマ®は速乾性、透湿性に優れた「ダンロン®」という特殊素材を採用。

このダンロン®を生産できる企業は世界広しと言えども、新潟県の1社だけという特殊な繊維。この繊維は汗をどんどん吸収して、外へ放出してくれます。

これを着ていると、本当、体を動かしても蒸れません。何とも不思議な素材を採用している肌着がチョモランマ。

 

キュートリー

上の写真でチョモランマ®のタグに「キュートリーCUTELY™」の文字があります。これは、三菱ケミカル製の消臭アクリル系繊維。

これは、汗の臭いや加齢臭を消臭する役割があります。しかも、100回洗濯しても、消臭性能が落ちない特徴があります。

 

 

高い耐久性

ひだまりチョモランマ®は洗濯を繰り返しても耐久性が高く、保温性が低下することはありません。この製品は生地の製造、裁断から縫製、検品まですべて日本国内で生産されています。

もちろん、メンズとレディースの各サイズが揃っています。

 

ちなみに、管理人はチョモランマの購入時、少々考えました。チョモランマはユニクロの超極暖ヒートテックと比べて高級なインナーなのです。肌着にそこまでお金を出す価値があるものかと考えました。

当初、半信半疑だったのです。

しかし、チョモランマを購入後、着てみて大正解でした。チョモランマの生地に厚みがあるため、その厚みの空間が空気の層となり、冷えから体を守ってくれます。

しかも、体を動かし続けても、確かに蒸れを感じません。

この手の製品は、実際に身に着けてみないと暖かさを実感できないもの。まずは、ソックスから試してみるのも方法の一つでしょう。

詳しくは、画像をタップ or クリック。

 

 

メンズ】防寒肌着チョモランマ(ハイネック)

ひだまり健康肌着 チョモランマ 紳士ハイネックアンダー+前開きタイツセット ネービー/L kc-qm902qm962

レディース】防寒肌着チョモランマ

ひだまり本舗 [EVN820-2] [婦人用]長袖丸首シャツ ひだまり エベレスト[3重袖シリーズ] (S, チャコールグレー)

 

メンズレディース】健康肌着ひだまり(極)

 

メンズレディース】ひだまり スエットスーツ

 

メンズレディース】ひだまりダブルソックス(3色組)

 

極寒に耐えるカナダ製ブーツ

 

[関連記事]

貼る使い捨てカイロで効果的に体を温める方法!貼る場所はどこ?

石油ファンヒーター比較-コロナ,ダイニチ,トヨトミで電気代が違う

 

関連記事

コメント

    • さわだひろこ
    • 2017年 10月 13日

    こんにちは これからの季節はヒートテックは必需品ですよね~
    ユニクロ愛用者ですがそれい以上の保温力があるのは魅力的ですが。。。

    チョモランマは見た目がシッカリとしているので肌着感覚で着る
    感じではないのかな?と。

    外の仕事などの人にはイイですね!
    情報ありがとうございます。

    • マッキー
    • 2017年 10月 14日

    はじめまして。
    チョモランマというあったかインナーがあるんですね。
    過酷な状況にも耐えられるなんてすごいですね!!
    勉強になりました。周りの人に薦めたいと思います。
    素敵な情報をありがとうございます。

    • しのしの
    • 2017年 10月 16日

    こんにちは。
    私も冬になると防寒下着を着ます。というのもかなりの冷え性です。
    どうしてもユニクロのヒートテックなど薄いナイロンの下着がどうしても好きになれないので 色々と探してました。
    なので とってもいい話を聞けた気がします。情報ありがとうございました。

    • しゃんしゃん
    • 2017年 10月 18日

    お早うございます。

    チョモランマというインナーを初めて知りました。

    寒い時期に仕事で体を動かした後、汗冷えが元で体を動かす前より寒くなる事が何度もあります。

    寒くなると肌着を着て厚着する習慣がないのですが汗冷えがせず温かいままでいられるチョモランマは魅力がありますね。

    情報提供ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び