個の時代が進む21世紀-高林秀亘

電動パワーステアリングの操舵に違和感-操舵感の向上に期待したい

ステアリング、ハンドル

多くの自動車は電動パワーステアリングを採用しています。これは、主に燃費対策。あとコスト面でも有利だと言われます。

このような数々の燃費対策の積み重ねで、メーカーカタログの燃費数値が伸び続けてきました。

 

しかし、電動パワーステアリングの採用によって、車種によっては操舵感(ステアリングフィール)に皺寄せが来ています。

運転歴が長いドライバーが「油圧パワーステアリング」から「電動パワーステアリング」採用車に乗り換えると、ステアリングフィールに違和感を抱くことがありませんか?

管理人も、その一人。

しかし、ドライバーは電動パワステ車に乗り続ければ順応していくもので、しばらく時間が必要です。

 

電動パワーステアリングが普及した背景

油圧パワーステアリング採用車は直進時もVベルトでパワステポンプを動かしています。

直進時、パワステは不要ながら、油圧パワーステアリングの構造上、パワステポンプを動かし続けています。これは、明らかにエネルギーロスが発生していて燃費悪化の原因。

このような理由から、油圧パワーステアリングから電動パワーステアリングの搭載車が一気に増えました。直進時、ステアリングのアシストは不要ですから、電動パワーステアリングの方が合理的で燃費の面でも有利です。

ドライバーがステアリングを操舵した時だけ、モーターに電気を流してステアリングをアシストすればいいのです。表面的には、電動パワーステアリングのメリットが目立ちます。

しかし、一筋縄ではいかないのがステアリングの「操舵感」なのです。

 

電動パワーステアリングの操舵感

ステアリングホイール

 

自動車の点検や車検で代車のステアリングを握ると、電動パワーステアリングの味付けが車種によって随分違うことに気付きます。

メーカーが違えばステアリングフィールが異なるのは当然ながら、同一メーカーでも、車種によってステアリングフィールが異なります。

 

電動パワーステアリングの金縛り

多かれ少なかれ、電動パワーステアリング採用車はステアリングのN付近(センター付近)で「金縛り状態」になる傾向があります。言い換えますと、ステアリングホイールがN付近で固着するようなフィーリングがあります。

やや「金縛り」を感じる車種もあれば、違和感があまり無いように上手く仕上げてある車種もあります。

 

この金縛り状態を作り上げることで、自動車の直進性は間違いなく向上します。ワンダリング対策として、轍や路面の凸凹を通過してもステアリングが取られにくくなります。

今や、純正ホイールとタイヤサイズが17や18インチが当たり前ということもあり、ワンダリングが出やすいタイヤサイズ対策として電動パワステが一役買ってます。

 

しかしデメリットとして、ステアリングを左右に回していくと、終始ステアリングフィールが一定ではありません。

ステアリングの操舵感が重くなったり、軽くなったりする車両もあります。素早く操舵すると、操舵感が変化する車種もあります。

車種によっては、半径が大きいカーブで一定の舵角を保持しながら曲がっていく時、保舵力が必要です。ステアリングがセンターに戻ろうとする力が大きく、ドライバーは両腕でステアリングをしっかり押さえる必要があるのです。

 

電動パワステの中にはバーチャル感、有り

このような人工的な操舵フィーリングは、油圧パワーステアリング搭載車では有り得ません。これが原因の1つとなって、ドライバーは長距離走行で肩や腕に疲労を感じることがあります。

ここで、はたと気付いた方がいるかもしれません。

大昔の重ステ車(油圧、または電動パワーステアリング非搭載車)の運転は腕や肩に負担がかかるのは当然ながら、同様に電動パワーステアリングの完成度が高いとは言い難い車を運転しても腕や肩に負担がかかるのです。

 

更にもう1点、電動パワーステアリングの採用によって、路面状況がステアリングホイールに伝わりにくく、バーチャル感が強くなる傾向があると思います。

 

ドライバーはステアリングホイールからのインフォメーションを通して、路面とタイヤの情報を得ています。

タイヤがマンホールの段差に乗り上げたり、小石を踏んだり、水たまりに差し掛かると、それがステアリングホイールに伝わることでドライバーは足元の状況を把握できます。

ドライバーは走行中、無意識ながらステアリングホイールから伝わってくる情報を両手で感じながら、車と無言の会話をしています。

 

球技に例えると、ステアリングはテニスラケットやゴルフクラブ、野球のバットのようなもの。

タイヤの接地感がステアリングに伝わってこないと、ドライバーは特に滑りやすい路面で安心感を得られないのです。

 

電動パワステの感性チューニングに期待

ソフトウエアが電動パワーステアリングのモーターを制御する仕組みですから、操舵感はプログラミングと各ステアリング系パーツの合わせ込みでブラッシュアップできるのではと思います。

このあたりはテストドライバーによる更なる感性チューニングと磨き込みが望まれます。

今後の更なるステアリング・フィーリングの向上に期待します。

 

[関連記事]

 据え切り操舵は百害あって一利なし-拷問状態の電動パワステと電装系

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com