個の時代が進む21世紀-高林秀亘

一部の自動車を除いて、17インチ以上のタイヤはデメリットもある

ピレリ―タイヤ

日本車でも輸入車でも、多くの車種の共通点として、グレードによってタイヤとホイールサイズが変わってきます。

ベーシックモデルは一番、直径が小さいホイールを履き、上級モデルになればなるほどホイールの径が大きくなっていきます。あたかも、大径ホイール&低偏平タイヤの方が高性能というイメージが作られています。

 

何故、大径ホイール、低偏平タイヤが増加したのか?

ディスクブレーキ

(1)大径ホイールの存在意義

自動車のブレーキ性能を高めるためには、ブレーキローターを大径化するのが一番です。ホイールスポークの隙間から見える円盤形状のディスクが↑ブレーキローター↑です。

 

カーレースの世界では、ブレーキ性能を最大限に高めるために、ブレーキローターを可能な限り大径化します。ホイール内に大きなブレーキローターを収めるためには、より大きなホイールが必要です。

ですから、フォーミュラを除くレーシングカーには、大径ホイールが装着されています。

時代の流れとして、市販車にも大径ホイールが装着されることが多くなりました。ところが、大径ホイールを履いているのに、ブレーキローターが小さい車種が見受けられます。

 

(2)大径ホイールは高性能&トレンド

大径ホイールを履いているのに、ブレーキローターが小さい場合、クルマの運動性能を確保し、時代のトレンドを採り入れて大径ホイールを装着している可能性が高いでしょう。

AからCセグメントクラスが大径ホイールを履いているのであれば、それは、運動性能の確保とトレンド重視である可能性があるでしょう。

 

このように、本来、大径ホイールは大きなブレーキローターを収めるために存在しています。トレンドの波が押し寄せてきたこともあり、大径ホイールが人気を集めているのでしょう。

 

【セグメント一覧】

Aセグメント:軽自動車、欧州小型車

Bセグメント:コンパクトカー(デミオ、ヴィッツ、フィット等)

Cセグメント:アクセラ、インプレッサ、VWゴルフ等

Dセグメント:マークX、メルセデスベンツCクラス、BMW3シリーズ等

Eセグメント:クラウン、メルセデスベンツEクラス、BMW5シリーズ等

Lセグメント:メルセデスベンツSクラス、BMW7シリーズ、AUDI A8等

 

 

低偏平タイヤのメリット

確かに、大径ホイール&低偏平タイヤを履くことで、特定の状況下では高い性能を発揮できます。

それは、主にサーキットでタイヤが高荷重を受けるような状況で、低偏平タイヤ本来の性能を発揮できます。他に、都市高速のカーブや峠道で、タイヤの踏ん張りが効くようになります。

 

ナンカン/NANKANG AS-1

 

要は、低偏平タイヤはカーブに強い性格を持ちます。

また、サイドウォール(タイヤ側面の厚み)が薄くなり、タイヤのたわみが少なくなります。

これにより、ステアリングレスポンスが良くなります。最後に、大径ホイールの方がルックスがアップします。

このように、低偏平タイヤのメリットは、それ程多くはないのです。

 

17インチ以上のタイヤ&ホイール

もちろん、低偏平タイヤのデメリットもあります。特に、17インチ以上のホイールを履くことで、諸問題が表面化する場合があります。

仮に、純正ホイールとタイヤサイズが15インチで、1インチアップの16インチに変更するだけで、クルマの走りが変わります。

更に、1インチアップして17インチタイヤに変更すると、自動車の性格が随分変わったように変化します。

 

サマータイヤ・ホイール 1本セット 17インチ GOODYEAR(グッドイヤー)イーグルLS2000 HYBRID II 205/45R17 ロクサーニ マルチフォルケッタ


タイヤとホイールサイズをインチアップすると、オーナーは「好印象を抱く派」と「違和感を抱く派」に分かれるでしょう。

 

好印象を抱く派は、クルマにスポーツ性とデザイン性を求めるオーナーが多いでしょう。

インチアップすると、ステアリング操作に対するレスポンスが良くなります。更に、クルマ全体の動きがクイックになって、ダイレクト感が増します。また、好みの大径ホイールは、愛車のルックスアップに最適です。

 

低偏平タイヤの諸問題

他方、違和感を抱く派は、ピュアな感性の持ち主かもしれません。何故なら、大幅にインチアップすると、バネ下、そして自動車とのバランスが崩れてしまうことがあるからです。

大幅にインチアップして、違和感を抱く派は、次のように感じるでしょう。

 

・乗り心地の悪化

・パターン、ロードノイズの増大

・ワンダリングの発生

・ランニングコストの増大

 

TOYOTA トヨタ純正ホイール

 

SUVやE、Lセグメントの大型車、スポーツカーともなると、ホイールとタイヤの直径そのものが大径化します。よって、17や18インチ以上のホイールとタイヤを履いても何ら不思議ではありません。特に、スポーツカーならば、運動性能を優先してインチアップがお約束です。

 

ところが、Cセグメント以下のクラスに17インチ以上のタイヤを履かせると、メリットよりデメリットが表面化することがあります。本来、このような低偏平タイヤを履きこなすには、それに最適化した高性能サスペンションが必要です。

ところが、決して高性能とは言い難いサスペンションに低偏平タイヤを装着すると、オーナーによっては違和感を抱くのです。

 

基本的にタイヤとホイールサイズは純正サイズが基準。

しかし、オーナーによってはインチアップを計画したり、逆に、インチダウンを計画する場合もあるかもしれません。

とかく、タイヤとホイール選びというものは、明確が答えがあるわけではありません。もちろん、最終的には好みの問題ですね。

 

[タイヤを買うなら定番のココ]


 

[タイヤ交換前のマニュアル]

オーナーがネットやカタログ情報を基にタイヤとホイールを交換したところ、どうも自分の感覚に合わない・・といった苦い経験が1度や2度はあるかもしれません。

タイヤ交換時のリスクを低減する「転ばぬ先の杖」として、このようなガイドブックがあります。

間違えっぱなしのタイヤ選び new_window_icon_black

 

[楽天市場]


[Amazon]

 

[外部リンク]

インチアップサイズ対応表(YOKOHAMA TIRE) 

 

[関連記事]

タイヤの空気圧チェックと頻度、偏摩耗対策

クルマのタイヤ選びは、分からない事だらけ

ミシュランタイヤ-エナジーセイバープラス/Energy saver+に舌を巻く

日本、欧州、アジアンタイヤの中でどれを選べばいいのか

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。