個の時代が進む21世紀-高林秀亘

三菱アイ(i)リコール対応完了-エンジン冷却系のコンデンスタンク交換

三菱i-コンデンスタンク

三菱自動車から1通の郵便物が届いていました。

 

リコール通知

内容によると、

「三菱アイ(i)のエンジン冷却系のコンデンスタンク(冷却水内の気泡を分離するための装置)において、 エンジンを高回転で運転すると気水分離機能が適切に働かず、冷却水が溢れ出ることがあります。 繰り返し冷却水が溢れ出し、冷却水が不足したまま使用すると、オーバーヒートが発生し、最悪の場合は エンストして再始動できなくなるおそれがあります。」

とのこと。

 

早めに対策部品への交換を依頼した方がいいと思い、早速ディーラーに問い合わせました。部品は既に用意されていて、いつでも作業ができると言う。

作業時間は1~2時間ほど。そこで、ディーラーに予約を入れました。

 

コンデンスタンクの交換完了

当日、アイを預けて、夕方には作業が完了しました。後日、リヤのエンジンルームを開けてみると、真新しいコンデンスタンクが白光りしています。

 

三菱アイはMRですが、実質RRに近いMR。よって、エンジンルームを点検する時は、リヤゲートを開けて分厚い吸音材をめくり、エンジンルームにアクセスするための蓋を開ける必要があります。

 

三菱i(アイ)エンジン蓋

 

この蓋は4つの「蝶ネジ」で固定するような仕組みになっているため、少々脱着作業が面倒です。

一般車両のようにフロントのエンジンフードを上げて点検というわけにはいかないため、開けるのが億劫になってしまかもしれません。

かといって、イエローナンバー車に手軽に開閉できる凝った設計の「蓋」を与えるのは難しかったのでしょう。

 

ユニークなマイクロカー

三菱アイの生産は2013年に終了しています。アイは、他のイエローナンバー車とは一線を画す設計で、独創的な軽自動車。他の自動車メーカーはアイのような奇抜な?自動車の製造販売は絶対にできないでしょう。

 

ラゲッジルームの容積や後席の広さを優先するならば、背高ノッポの他車にメリットがあるかもしれません。しかし、カーライフの中で、それらが第一優先しないのであれば、アイは今をもってしても魅力的なクルマだと思います。

下駄クルマとして中古のアイを購入して、乗りつぶすまで付き合うのもいいでしょう。もう、このようなユニークなマイクロカーは世界中のどの自動車メーカーからも出てこないでしょう。

 

[中古のアイ(i)や他の気になるクルマ探しなら]


[中古のアイ(i)や他の気になるクルマ探しなら]


 

 

ラクに車を高く売るならオークション形式の車査定サービス

オークション形式の車査定サービスなら、営業電話と車の査定は1回だけ。一括査定のように複数の業者から電話がかかってくることはありません。複数回の業者対応と査定が煩わしい人はオークション形式がお勧め。

 

ユーカーパック

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ホワイトver.

 

セルカ

革新的、中古車売却方法、SellCa(セルカ)

 

[関連記事]

三菱自動車i-アイは軽自動車史上、最初で最後の名車だと思う

三菱自動車アイ(i)、2回目の車検-三菱自動車販売にて

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com