個の時代が進む21世紀-高林秀亘

米国Skully Technologies社のヘルメットはナビ,電話,音楽に対応

KAWASAKI H2R

基本的にバイクのメーター類はフロントフォークのトップブリッジ前方や周辺に装着されているケースがほとんど。

ライダーがバイクに乗車すると、頭の位置はメーター類よりだいぶ上に位置します。

よって、ライダーが車速やエンジン回転をチェックする際、視線移動がクルマの運転時と比べてかなり大きくなります。前傾姿勢のきついレーサータイプよりも、ツーリングモデルの方がライダーの頭部がより上に位置します。

ライダーの大きな視線移動は瞬間的な脇見運転になってしまいます。ライダーの視線はクルマのドライバー以上に大切なこともあり、管理人は現役ライダーの頃、この点が気になっていました。

 

バイク用のナビゲーション

車の世界では、フロントガラスやガラス前方に車速をデジタル表示、投影する技術は確立しています。しかしバイクともなると、それは簡単なことではありません。

 

バイク、メーター周り

 

バイクにナビゲーションを装着したところで、同様にライダーは瞬間的にモニターを確認しながらの走行です。

しかも、バイク用ナビゲーションはモニターサイズが5インチ前後の物が多いです。更に、これらの機器をハンドルバー周囲に装着すると、ごちゃごちゃするし盗難の心配もあります。

 

米国シリコンバレーSkully社は次世代型ヘルメット

これらの諸問題を解決するため、2013年から米国シリコンバレーSkully社は次世代型ヘルメットの開発を進めているようです。

Skully社のオフィシャルサイトによると、ヘルメットがスマホとBluetoothで繋がり、シールドの片隅にナビゲーションが表示され、通話や音楽も楽しめる。

更にリヤカメラを装着することで、クルマのルームミラーのような機能も与えられています。

 

再建に賭けるSkully社

Skully, Inc.は製品化の途中で経営が悪化し、破産しました。

その後、Skully Technologiesへと社名を変えて新たに出発しています。新会社の経営陣は旧Skullyの経営陣ではなく、様々な産業技術ベンチャーに関わりながら成功を収めてきた人物。

 

私はかねてより、このようなヘルメットの登場をイメージしていました。このモデルはプロトタイプとは言え、興味深い製品です。

もしかしたら、日本のAraiやSHOEI, OGKは既にSkully Technologies社とコンタクトを取っているかもしれません。このような製品は利便性だけでなく、高い安全性にも繋がります。

個人的にこのようなデバイスにはとても興味があるし、心が躍ります。

 

Arai – フルフェイスヘルメット(5000円以上で送料無料) 

SHOEI – フルフェイスヘルメット(5000円以上で送料無料) 

[関連記事]

フルフェイスヘルメットのシールド曇り止め対策に決定打は無いのか

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com