個の時代が進む21世紀-高林秀亘

鬼のボディ剛性と静粛性のメルセデス・ベンツCクラスC200 CGI-W204

メルセデス・ベンツC200 CGI ブルーエフィシェンシーW204 16インチホイール

W204のアジリティはBMWとは違う

メルセデス・ベンツCクラス C200(W204)は、Cクラス史上、最もスポーツ性を与えられたモデル。アジリティ(俊敏)というキャッチコピーを全面に出したマーケティングがメルセデスらしからぬ印象を受けたものでした。

しかし、W204はBMWのような味付けのクルマではありません。

W204はわずかにBMW的なキャラクターを持っているかもしれませんけど、従来ながらのメルセデスの味わいはきちんと残されています。それがメルセデスのアイデンティティとも言えます。

 

本来、メルセデスベンツはスタビリティを重視したクルマ造りに徹し、俊敏に曲がるBMWとは対照的なメーカーでした。ところが、W204は2世代前のW202と比べるとクルマのキャラクターが随分違います。

少々大げさに言えば、W202は鷹揚としていて重厚感があったものの、W204は俊敏に曲がるスポーツ性を身に着けたと言えます。

伝統的に、メルセデスは路面の凹凸の影響をあまり受けないクルマ。外乱に強く、ドライバーの操作に対してはリニアに反応するキャラクターを持っています。

W204は伝統的なメルセデスライドに「アジリティ」性能が与えられています。

 

何故、メルセデスはこのようにCクラスのキャラクターを変えたのでしょうか。

おそらく、メルセデスはW203の時代から、BMWの好調なセールスが非常に気になっていたはずです。事実、W203のセールスは、BMW3シリーズのビハインド状態が続いていました。そこで、メルセデスはCクラスのキャラクターについて再考察したと思います。

その結果、誕生したのがW204。

 

W204はCクラス史上、最強のボディ剛性

メルセデス・ベンツC200 CGIブルーエフィシェンシーエレガンスW204

メルセデス・ベンツC200 CGIブルーエフィシェンシーエレガンスW204

 

 

W204は2011年、大がかりなマイナーチェンジを受けて、更に魅力度が増しました。もちろん、アジリティ路線は変わっていません。

W204は、2世代前のW202よりボディ剛性が更に引き上げられました。ドライバーは走行中、ボディの存在を忘れてしまうほどで、鬼剛性と言ってもいいです。

しかも、メルセデスの伝統として、5万、10万kmと走行距離を重ねてもボディ剛性の低下がほとんど感じられません。ちなみに、ボディが弱い自動車は、走行中にボディからも音が出るから賑やかなのです。

 

W204は乗り心地と操縦安定性を両立

W204の軽くなったステアリングフィールとアクセルペダルは、ドライバーに対してよりフレンドリーになりました。

更に、271型DOHCターボチャージャー直列4気筒エンジンから5速(7速)ATミッション、プロペラシャフト、デフ、ドライブシャフト、ハブベアリングに至るまで、回転する部分が恐ろしいほど滑らか。各部の回転振動が少ないから、音も出ません。

 

W204で平滑度が高い自動車専用道路を走行すると、ボディの風切り音の少なさも相まって車内の静粛性が非常に高い。わずかにタイヤからパターンノイズが聞こえてくる程度で、まるで新幹線に乗っているような気分になります。

これは、W204の空力特性が優れている証拠でもあるでしょう。

世界の自動車メーカーの中で、近年、最も空力特性が優れいてるセダン、クーペ、ワゴンはメルセデス・ベンツのみ。BMWのボディデザインは空力的にメルセデスに及ばないのです。

W204の静粛性は30系プリウスより断然上です。

 

高いスタビリティ

 

そして、インターチェンジを降りて山岳路に入ると、カーブでボディがわずかにロールしながら4つのタイヤが確実に路面を捉え続けます。W204はW202よりロール剛性は上がっていますがBMWほどではありません。

タイヤの状況がリアルタイムでドライバーに伝わってきます。

一言で言うと、W204はボディの動きと走りがとても美しい。かつて、乗り心地と操縦安定性は相反するものであると考えられてきました。ところが、乗り心地と操縦安定性を高い次元で両立しているのがW204、そして近年のメルセデスの大きな特徴と言えます。

 

優秀な燃費

ガソリンメーターC200 CGI(W204)はDOHC直列4気筒、1,800cc直噴エンジン+ターボチャージャーによって過給されます。

かつてのメルセデス・ベンツの直4エンジンはもっさりと回るのが特徴でした。ところが、近年の直4エンジンはあたかもHONDAのように回転振動が少なくモーターのようなフィーリングを受けます。

予備知識無しで、「これは直列6気筒エンジン」と言われたら疑うことは無いかもしれません。

 

近年の欧州車の多くは直噴エンジンが主流。直噴エンジンは高価な直噴インジェクターにターボを搭載することもあり、コストがかかったエンジンと言えます。

 

W204、C200 CGIの燃費は

・市街地走行で10~11km/l前後

・交通の流れがいい郊外で12~14km/l

・高速道路を90~100km/hで巡航して、燃費計は16~17km/lあたりを示します。

 

メーターパネル内に表示されるリセットからの通算燃費は、常時11km/l以上を示しています。これは同排気量のプリウスには到底かなわないものの、1,800ccエンジンとしては優秀な燃費を叩き出します。

特に、W204は高速燃費が秀逸。

ちなみに、CAR GRAPHICマガジンのデータによりますと、C200 CGIの「0-400m」加速性能は15.8~16.0秒。とても排気量1,800ccとは思えない加速感です。

 

W204のタイヤサイズ

ブリジストンTURANZA ER300

 

欧州車の多くはイヤーモデル制のため、毎年のようにマイナーチェンジを受けます。W204も度重なるマイナーチェンジを受けていますから、デビュー時期とモデルによってタイヤサイズに違いがあります。

 

205/55R16

225/45R17

Front 225/45R17、Rear 245/40R17

 

アンダー200psエンジンを搭載するセダンでしたら、245/40R17は明らかにオーバーサイズでしょう。また、AMGのような特別な車両を除いて、一般のセダンやワゴンに前後異形タイヤを設定するメリットはあまり無いと思います。

前後でタイヤサイズが異なるとローテーションができないため、これもデメリットの1つです。W204のキャラクターからすると、205/55R16がベストサイズでしょう。

 

アウトバーンとニュルブルクリンクで鍛えた自動車に誤魔化しは無い

メルセデス・ベンツは1990年代から随分と変わってきました。時代と共に洗練されてきたのは事実です。W204は歴代Cクラスの中で大きく変貌を遂げたモデル。それと同時に、Cクラスの新たな方向性を示したモデルでもあります。

 

メルセデスについてネット上で様々な意見が飛び交っていますが、やはり日本車はまだまだ欧州車に追いつかないところがあります。

日本の自動車メーカーがハイブリッド技術に磨きをかけている一方、欧州車はベクトルが違う方向へ1歩2歩と進み続けています。これでは、日本車は永遠に欧州車に追いつかないかもしれません。

アウトバーンの走行を前提としたクルマは、スピードレンジが高い領域で最適化設計されています。それが圧倒的な質の高い走りを実現しています。

 

メルセデス・ベンツC200 CGIブルーエフィシェンシーエレガンスW204

 

もちろん、ミクロ的な話として、車齢が伸びてくると欧州車の電装系の信頼性と耐久性は日本車には及ばないかもしれません。

現代のクルマは高度に電子制御化されています。

エンジンやトランスミッションといった大物機械そのものに異常が無くても、電装系に不具合が発生すれば不調に陥ってしまいます。

「だから欧州車は日本車に及ばない」といった意見がネット上に散見されます。

これは「機械も電装品も故障してはならない。」という前提の思想からくる考えかもしれません。

 

クルマに対する評価軸として、もし、故障が少ないクルマが一番優れているのでしたら、日本車以外に選択肢は無いでしょう。ところが、クルマに対する評価軸は1つや2つではありません。ドライバーの数だけ評価軸があると思います。

 

欧州には魅力的なモデルが多い

ドライバーによっては「アルファロメオMITo」の独創的なボディデザインを高く評価し、「ルノールーテシア」のようなフランス的なセンスと美しさに惚れ、「フィアット500」のキュートなキャラクターに好感を持ち、「フォルクスワーゲンポロやゴルフ」の質実剛健さに安心感を抱くことでしょう。

また、所ジョージ氏のように、やたらと故障する古いアメ車を仕入れてレストアに喜びを感じる情熱家もいます。

ドライバーの数だけクルマに対する想いがあるのではないでしょうか。

 

クルマ離れが叫ばれて久しいものの、海を渡った遠い向こうでは各自動車メーカーが魅力的なクルマを次々と市場に送り出しています。欧州車は燃費だけでは測れない魅力に満ちていると思います。

 

21世紀は燃費の時代。しかし、あまりにも燃費命カーに拘りすぎると、クルマの本筋から外れていってしまうような気もします。今日の欧州車はクルマの魅力とは何かを教えてくれているようです。

 

 

メルセデス・ベンツCクラス(W204)タイヤ純正サイズ

 

日本最大級のタイヤ、ホイール通販サイト-205/55R16 new_window_icon_black

日本最大級のタイヤ、ホイール通販サイト-225/45R17 new_window_icon_black

日本最大級のタイヤ、ホイール通販サイト-245/40R17 new_window_icon_black

 

 

タイヤ交換の前のマニュアル

欧州車には純正で欧州タイヤが装着されているため、クルマとの相性を鑑みて引き続き欧州タイヤを選択してもいいでしょう。とかくタイヤ選びは難しいもので、このようなマニュアルがあります。

間違えっぱなしのタイヤ選び–タイヤ交換の前に読むトク本 new_window_icon_black

 

 

[輸入タイヤ、ホイールのメガモール]
日本最大級のタイヤ、ホイール通販サイト 

 

通販で購入したタイヤの交換作業

通販でタイヤを購入する場合、じゃ「タイヤ交換作業は?」と頭をよぎりますよね。そこで、タイヤ交換の作業は次のようなサービスが便利です。

Goo Pit

 

 

【Amazon.co.jpでタイヤを購入し、宇佐美ガソリンスタンドで交換】

宇佐美ガソリンスタンド-タイヤ交換、バッテリー交換サービスAmazon.co.jpでタイヤを購入し、宇佐美ガソリンスタンドでタイヤ交換が可能です。

詳細はこちら。

Amazon.co.jpで購入したタイヤ、バッテリーの交換サービス 

 

[Amazon.co.jp]

Amazon.co.jpサマータイヤ 

Amazon.co.jpスタッドレスタイヤ 

Amazon.co.jp – バッテリー 

 

メルセデス・ベンツを探すなら

メルセデス・ベンツを探すならガリバーが便利です。毎日入荷していますから、人気車種は早めにチェックしたいですね。詳しくはこちら。


愛車の無料査定なら

愛車の買い替えを検討中なら、まずは「無料査定」を利用するのが便利です。その他、ディーラーや中古車店の査定額を比較して、一番高く買い取ってくれる業者にクルマを売却するのがコツです。

(※)愛車の査定金額は、申込完了ページには表示されません。ガリバーさんから電話がかかってくるので、その時、詳しい話を聞いてみましょう。


[関連記事1]

 メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る-“最善か無か”の意味するもの

 

[関連記事2]

まだ味が残っていたメルセデス・ベンツCクラス C230/W202

メルセデス・ベンツAクラス(A180)試乗評価-お見事な7速DCT(7G-DCT)

輸入車雑誌ENGINE-日産R35RT-R開発者、水野和俊氏が外車を率直に評価

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。