個の時代が進む21世紀-高林秀亘

メルセデス・ベンツAクラスA180(W176)試乗評価-お見事な7速7G-DCT

メルセデスベンツAクラス(A180, W176)

2013年、3代目のメルセデス・ベンツAクラス(W176)が日本で販売開始となり、テレビで「NEXT A-Class」というメルセデスらしからぬアニメーションCMが放映されたのが印象的でした。

3代目のAクラスは従来のFFを踏襲しつつ、トランスミッションはCVTから7速DCT(7G-DCT)に変更されました。

 

メルセデス・ベンツAクラス(W176)スペック

メルセデスベンツAクラス A180 (W176)

[A180]

形式:270型

排気量:1,595cc、DOHC直列4気筒直噴ターボエンジン

ボア×ストローク:83.0×73.7mm

最高出力:122PS/5,000rpm

最大トルク:20.4kg・m/1,250~4,000rpm

圧縮比:10.3

車両重量:1,430kg

駆動方式:FF

ランスミッション:7速DCT(7G-DCT)

 

[A250]

形式:270M20型

排気量:1,991cc、DOHC直列4気筒直噴ターボエンジン

ボア×ストローク:83.0×92.0mm

最高出力:218PS/5,500rpm

最大トルク:35.7kg・m/1,200~4,000rpm

圧縮比:9.8

車両重量:1,530kg

駆動方式:4WD

トランスミッション:7速DCT(7G-DCT)

※AMGモデルは割愛。

参照:メルセデス・ベンツ日本株式会社 

 

ハッチバックでも高いボディ剛性

メルセデスベンツAクラス A180 (W176)

 

2017年2月、2016年モデルのA180に試乗することができました。近年のメルセデスのシフトレバーはステアリングコラムに設置されているモデルが多く、A180のシフトレバーもステアリングコラムの右側に設置されています。

 

エンジン始動後、ブレーキペダルを踏みながらコラムのシフトレバーを下方向に動かすことで「D」ドライブに入ります。

Aクラスのボディ形状はハッチバックということもあり、ボディ剛性の面ではセダンやクーペより不利なのは否めません。しかし、Aクラスで走行中、ボディの存在を忘れてしまうほどボディ剛性が高く、リヤの開口部周辺の剛性不足は一切感じられません。

 

強靭なボディとA180のタイヤサイズは205/55R16という常識的?なサイズということもあり、ロードノイズはほとんど感じられません。

Aクラスはメルセデスの入門モデルという立ち位置ながら、クルマとして最も重要なボディ設計に関しては、他のアッパーモデルとの差を感じられないほど剛性感に満ちています。

 

メルセデスらしい乗り味

メルセデス・ベンツの特徴として、フロントとリヤサスペンションのバネレートとショックアブソーバーの減衰設定がパーフェクトに近いところ。

Aクラスの乗り味、乗り心地は4つの筋肉質な足が強固なボディを支えている印象を受けます。A180のサスペンションは硬めの設定ながら、不快感はありません。おそらく、長距離運転しても疲労が少ないサスペンションセッティング。

メルセデス・ベンツらしい乗り味はAクラスでも統一されています。

 

実用性を重視した直噴ターボエンジン

メルセデスベンツAクラス A180 (W176)

 

A180のエンジンスペックは最高出力122PS、最大トルク20.4kg・m。

これは2L、NAエンジンと同等のトルクを出力し、最高出力は抑えられていることからも、実用性を重視したエンジン。

A180の車両重量は1,430kg。アクセルペダルを深く踏み込んでも速さは感じないものの、トルク重視のエンジンフィーリング。出来がいい7速DCTが常時、適切なギヤを選択することもあって、問題無く交通の流れをリードできます。

なお、エンジン回転が上昇すると、若干キャビンにエンジン音が入ってくるため、人によっては気になる点かもしれません。

 

ATと変わらないシフトフィール、7速DCT(7G-DCT)

2015年1月、2014年モデルのA180に試乗しました。

その際、気になった点は7速DCTの変速ショックでした。ショッピングモールの駐車場で低速で走行中、シフトアップ時の変速ショックが少々大きく感じたのです。

 

そして今回、2016年モデルのA180に試乗したところ、初期モデルに見られたシフトショックは皆無。予備知識無しでA180をドライブすると、トランスミッションはATであると勘違いすることでしょう。

DCTを搭載した車両をドライブ中、タコメーターに目をやると、シフトアップ、ダウン時の針の動きが非常に早いことに気付きます。DCTは変速スピードがとても速いのが特徴。

それにもかかわらず、シフトショックが乗員に伝わらないことからも、クラッチコントロールが煮詰められてきた証と言えます。AクラスのDCTは湿式ということもあり、スムースなシフトが印象的です。

 

スポーティーなインテリア

メルセデスベンツAクラス A180 (W176)

 

A180の運転席に乗り込むと、ダッシュボード中央にセットされた8インチ液晶モニターと3連のエアコン吹き出し口が目に飛び込んできます。

このインテリアデザインはSクラス(W222)から始まったトレンドのようで、モダンクラシック風で独特なムードを醸し出しています。Aクラスということもあり、ダッシュボードやインテリアの質感は当然、アッパーモデルとは別物ながら、パネルの表面処理とデザインでカバーしている印象を受けます。

液晶モニターが映し出す画像は非常に美しく、COMANDシステムでナビはもちろんのこと、ドライブモードの切り替え、AM/FMラジオ、オーディオ等のコントロールが可能。

 

A180は天井までブラック一色ということもあり、スポーティーなムードが漂っています。各部の艶消しメッキパーツが上質感を演出しています。人によってはトンネルに入っているような印象を受けるかもしれませんが、これは好みの問題でしょう。

なお、Aクラスは空力とボディ剛性の確保を優先したためか、運転席からの後方視界が優秀とは言い難いものがあります。これは実際、車両に乗り込んで確認してみるといいでしょう。

 

総括

A180は高い速度域でバランスするように設計されている印象を受けます。

Aクラスというメルセデスのエントリーモデルながら、車体の落ち着きには独特の世界があります。Aクラスの開発チームはドイツのニュルブルクリンクを相当走り込んでいる証。

このような乗り味やハンドリングは日本車ではありえない世界。

 

メルセデスのクルマづくりには、一貫した哲学があります。

  • 高いボディ剛性とシャーシ剛性。
  • 路面変化に強く、スタビリティの高いサスペンション。
  • クルマの限界を超えて、最終的に顔を出す電子制御。
  • 最悪、事故が発生しても、衝突安全性が高いボディとエアバッグが乗員を保護する。

Aクラスなら、都市高速や峠道、荒れた路面、雨の日でも安心してドライブできると思います。

300万円という販売価格の中で、Aクラスは優先的にボディとサスペンションにコストを掛けている印象を受けました。コスト配分は自動車メーカーの設計思想が如実に現れます。

メルセデスの威信にかけて、エントリーモデルのAクラスでもボディとサスペンションはしっかり仕上げた事が伝わってきました。

その分、インテリアは質素ではあります。

メルセデスのエントリーモデルでも「味」は他のモデルと変わらないですね。

 

メルセデス・ベンツを探すなら

メルセデス・ベンツを探すならガリバーが便利です。メルセデスの他にも、気になる中古車が毎日入荷しています。人気車種は早めにチェックしたいですね。こちら。



 

 

ラクに車を高く売るならオークション形式の車査定サービス

オークション形式の車査定サービスなら、営業電話と車の査定は1回だけ。一括査定のように複数の業者から電話がかかってくることはありません。複数回の業者対応と査定が煩わしい人はオークション形式がお勧め。

 

ユーカーパック

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ホワイトver.

 

セルカ

革新的、中古車売却方法、SellCa(セルカ)

 

 

[関連記事1]

 メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る-“最善か無か”の意味するもの

 

[関連記事2]

まだ旧来の重厚感が残っていたメルセデス・ベンツCクラスC230/W202

鬼のボディ剛性と静粛性のメルセデス・ベンツCクラスC200 CGI-W204

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com