個の時代が進む21世紀-高林秀亘

日本車の安っぽいインテリア/内装とドアトリムの材質,質感の雑感

30プリウス,ドア内貼り

時代と共に、日本の大衆車のインテリアは確実に安物になった感があります。2,000年あたりから、大衆車の内装のコストダウンが目立ちます。

端的に言うならば、大衆車のインテリア素材は硬質プラスチックとPP(ポリプロピレン)の世界。

 

大衆車のインテリアはプラスチックとPPの世界

そもそも、自動車のインテリアはデザインと素材の表面処理で勝負のところがあります。昔から、インテリアの材質そのものは量産効率が高い素材で作られています。日本車に限らず、世界中の大衆車のインテリアは軽量で製造コストが安い石油系素材で作られています。

軽自動車とコンパクトカークラスのインテリアを眺めると、硬質プラスチックのダッシュボードにドアの内張りはPP。A、B、Cピラーを隠す部品もPP。

PPと言われるポリプロピレンはゴミ箱やバケツに使われる素材ですから、金型を除いた内張りの製造原価は非常に安いと思います。

大衆車は厳しい製造コスト低減の問題から、ドアとピラーの内張りはPP一色。ハイブリッドカーのハイブリッドシステムは製造コストを押し上げて重量増となるため、インテリアにはコストダウンと軽量化のしわ寄せが来ているのでしょう。

PPは傷が付きやすいのが難点ながら、軽くて雨滴に強く、自動車の内装部品としてうってつけなのでしょう。

 

20系プリウスドア、内装

 

日本の大型ミニバンクラスでは、さすがにソフトパッドの内装が与えられています。

それでも、それらは石油系素材には変わりはありません。400万円を超える高価格車であっても、自動車の内装に特別な素材が使われているわけではありません。

車のインテリアに「木目調パネル」が貼られていても、「本木目パネル」を採用している日本車はごく一部。本木目パネルの素材としてウォールナットが有名。これは高級素材のため、採用している自動車はごく一部です。

このように大衆車のインテリアに木や竹のような自然素材が使われているわけではなく、石油系素材をベースにデザインと表面処理でチープ感が出ないように作られています。

 

1990年代まではソフトパッドが標準

管理人が20代の頃、所有していた日産シルビア(PS13)はNAエンジンを搭載する軽量な車でした。

下取りを入れて、確か諸経費込で190万円台であった記憶があります。オートエアコンとアルミホイールは標準装備。SONYのCDプレーヤーシステムを装着して、その価格でした。

当時、ABSやエアバッグ等の安全装備は一部の車両にオプション設定。

 

当時、シルビアクラスの自動車でも、ダッシュボードとドアの内張りはソフトパッドが標準でした。そして、ドア内貼りの中央部とグローブBoxに布生地が貼られていました。

カローラクラスでも、ドアトリムのソフトパッドは標準でした。

 

1980年代に生産されたTOYOTA AE86のドアトリムも「ソフトパッド」+「布生地」が貼られていました。AE86のインテリアは2トーンが採用され、デザインはともかく、なかなかシック。

当時、これらは至極、普通の大衆車。

それらを思い出すと、今日の日本の大衆車のインテリアはカチカチの硬質素材が目立ちます。

 

アームレストより上はソフトパッドがいい

ドアアームレスト

 

10歩譲って、軽自動車であれば、硬質プラスチックのダッシュボードにPPドアトリムでも問題は無いかもしれません。

走行中、乗員はシートベルトを装着し、エアバッグが標準装備の時代である以上、万一の場合でも前席の乗員がダッシュボードに頭を打ち付けることは少ないでしょう。

 

ところが、

シートベルトを脱着する時や乗員が車内で姿勢を変える時、ドアに肘をぶつけてしまうことがあります。ドアの内張りが硬いPPだと、これが結構、痛い。

 

また、乗員がドアの窓枠に肘をかけることがありますが、内張りがPPだと硬くて不快でもあります。

車種によっては、ドア内張りの中央部分にソフト素材が貼り付けてあります。それでも上質とは言い難いもの。

軽自動車は別として、コンパクトカークラス以上の内装はソフトパッドが必須の装備だと思います。

少なくとも、体の一部が接触するドアトリムの半分から上、パワーウインドウ・スイッチから上にソフトパッドを貼ることで、より快適な室内空間になります。

 

自動車業界にとって、コストダウンと軽量化が至上命令なのは理解できます。自動車メーカーは売上と利益至上主義で自社の株価を持ち上げ、株主達に決算内容を発表する立場にあります。

しかし、その皺寄せとして、乗員が不快を感じる室内空間を生んでしまっているのも事実です。自動車を購入するお客様より、株主の方が大切なのでしょうか。

自動車を購入するお客様が減少すれば、株価と株主への配当に皺寄せが来るのですから、順番としてはお客様が第一だと思うのですが。

 

トヨタAE86のドアトリムは全面ソフトパッド

最下段、1980年代のTOYOTA AE86のインテリアを眺めると、当時は100万円台のごく普通の大衆車でも、ダッシュボードとドアの内張りはソフトパッドと布生地が標準でした。

20代の方が今のTOYOTA 86と昔のAE86のインテリアを比較して、どう感じるのか気になります。

 

TOYOTA 86の内装(2010年代)

TOYOTA AE86の内装(1980年代)

 

[関連記事]

電動パワーステアリングの操舵に違和感-操舵感の向上に期待したい

車のセンターメーターは見やすい?見にくい?運転席のビートたけし?

 

 


人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

    • トク☆オタ
    • 2013年 10月 27日

    トク☆オタです。

    ブログに訪問&コメントありがとうございました。

    大分遅くなりましたが応援しに来ました。

    これからも頑張ってください!!

    応援していきます。ポチっと!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com