個の時代が進む21世紀-高林秀亘

2012.4.14に開通した新東名高速道路の設計速度は、やっぱり140km/h

高速道路

2012年4月14日、御殿場JCTと三ヶ日JCTを結ぶ新東名高速道路が開通しました。この高速道路の路面平滑度は世界でもトップクラスでしょう。

新東名の路面は、まるで鏡のようにフラットです。

 

快適性では新東名が上

新東名は本州の内陸を横断することもあり、トンネルの数が多く、視界の左右に山が続く自動車専用道路。

道路からの景観は、東名高速道路の方が上という意見があるようです。確かに、東京と愛知県を結ぶ東名高速道路の方が景色に変化があり、由比PA付近から一望できる駿河湾や富士川サービスエリアからの富士山の眺めは絶景です。

 

しかし、東名高速の路面は荒れていて、時間帯によって大型トラックが多いこともあり、走りにくいのが難点です。

管理人としては、車速を90~100km/hの間にセットして、クルーズコントロールに任せて巡航したいものの、前方にトラックが見える度に減速する必要があります。

実質、東名高速道路では、車速が90km/h未満から100km/h+αの間で上下を繰り返すことが多いと言えます。

運転のしやすさでは、新東名の方が断然上ですね。おそらく特別な理由が無い限り、今後、東名高速の御殿場~三ヶ日間を使うことは無いでしょう。

 

新東名はバンクが少々きつい
新東名高速道路、藤枝PAパーキングエリア

 

新東名高速道路は東名高速よりも路面のカント(バンク)が少々きつく感じます。

法定速度100km/hで走行していると、自動車が微妙にカーブの内側へ流れていくことがあります。

緩やかな右カーブならば、車体が微妙に右側へ流れていくのです。

これは、道路のカントが原因。

新東名の設計速度は140km/h。おそらく140km/hで走行することで、自動車とカントの関係が上手くバランスするのでしょう。

 

サービスエリア、パーキングエリアの標高がちょっと高い

次に、新東名のサービスエリアに入る度に気が付くことがあります。それは、多くのサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)は本線より高い場所に位置しています。

最初、何故だろうと思いました。管理人は次のように推測しますがいかがでしょう。

 

1. 新東名の設計速度は140km/h。車両が減速しやすいように、サービスエリアが高い場所に設置されている可能性。SAやPAから本線に合流する時、車両は下り坂を利用して加速する方が楽。

2. 地形上の問題。

3. 1と2の両方。

 

PS

新東名高速道路の各サービスエリアは独自色が与えられていることもあって、ミニテーマパークの様相を呈しています。

全サービスエリアの共通点として、トイレ設備が美術館のような作りです。外国人観光客は驚くこと間違いないでしょう。

 

[関連記事]

 新東名高速道路の新静岡IC~森掛川IC間の最高速度が110km/hへ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com