個の時代が進む21世紀-高林秀亘

湿度が高い日本では、あらゆる物が劣化しやすく朽ちやすい

壁の水滴

日本の夏は高温多湿。冬は北陸から東北、北海道にかけて雪が降り積もります。あらゆる物にとって日本は過酷な環境です。

特に、湿度はあらゆる物に対して悪さをします。

 

日本の住宅の平均寿命は約26年。アメリカの住宅は40~50年、イギリスは70年以上と言われます。

日本の住宅寿命が短いのは、複数の理由があるようです。

アメリカやイギリスの住宅寿命が長いということは、日本より質の高い材料を使用して、コストをかけた家づくりをしているのでしょうか。

 

■北米は概ね、大気中の湿度が低い

私はアメリカ国内の一般住宅の建設現場を幾度となく眺めたことがあります。私は建設業の経験はありませんが、アメリカの一般住宅は、決して凝った設計の家ではありません。

アメリカ合衆国では、2×4工法の住宅が有名。

この工法は面の合板パネルを組み合わせることで、建物を支えて剛性を確保する建築手法。施工現場では、窓の部分をくり抜いた合板を組み合わせていくため、日本の宮大工のような特殊技術は不要です。

 

2×4工法の建設現場を眺めていると、大工仕事と言うよりは、組み立て仕事と言った方が適切かもしれません。純和風の日本建築のような柱を建てていく工法に比べて、アメリカの2×4工法はイージーに見えます。

いずれにしても、アメリカの住宅の多くは、合板を組み合わせる木造工法が多いのです。複数の3階建てアパートメントに出入りしたことがありますけど、建物は木造でした。

 

■築100年の木造住宅 in USA

それでも、アメリカでは築100年が経過している木造住宅が珍しくありません。

一戸建て

 

アメリカのお父さんたちは、確かにDIY工具を車庫に揃え、可能な限り自分たちで家や車を補修していく文化があります。

アメリカのホームセンターは日本とは少々違い、足繁く通えば家が一軒建ってしまうほどの品揃えです。DIYが大好きなお父さんにとって、アメリカはたまらない環境かもしれません。

 

しかし、いくらDIY精神が根付いているアメリカのお父さんたちであっても、家の補修作業を全て一人でできるわけではありません。

しかも、ただでさえ大らかなアメリカ人ですから、小まめに家の手入れをしているわけでもありません。

 

日米を比較して、アメリカの住宅寿命が比較的長い理由の中の一つとして、工法以前の問題として湿度が大きく関係していると思います。

ついでながら、アメリカでは1950~1960年代のアメ車が数多く現存しています。湿度が高い日本では、旧車は錆だらけになって朽ちてしまいます。

 

アメリカ(北米)では家もクルマも日本に比べて寿命が長いのは、メンテナンス以前の問題として、北米は湿度が低いのが理由だと思えてなりません。

 

何故、エジプトには2,000~3,000年も昔のミイラが現存しているのか考えれば納得できます。現地では、動物のミイラも数多く見つかっています。

片や日本ではどうでしょう。

日本のミイラといえば即身仏であり、これは修行僧が土中に入り、漆を飲みながら行う最も過酷な修行の結果です。(漆は防腐剤としての役目を果たしたそうです。)

 

■水分があらゆる物を劣化させる

片や、大気中の湿度が高い日本では、あらゆる物が朽ちていくスピードが早いのです。

日本の住宅の場合、設計や施工方法に問題があると、特に基礎に近い部分や合板の壁にカビが発生し、やがて朽ちていきます。

 

マンション、空き部屋

 

鉄筋コンクリート造のマンションは、換気が不十分なままだと部屋に臭いが染み付きやすく、壁のクロスにカビが発生したり剥がれてくることはよくあります。

日本の住宅は、湿度対策を十分考慮した設計、施工が重要と言えますし、各部屋の換気に気を配る必要があります。

 

よく、人が住んでいない家は傷みやすいと言われます。事実、家というものは風通しが悪い状態が続くと劣化が進みやすくなります。

 

例外として、奈良県の法隆寺は修復を受けながらも、1,400年の歴史を持つ世界最古の木造建築。しかし、法隆寺は宮大工によるヒノキ造りの特別な建築物ですから、一般の合板で作られている住宅と比べることに無理があるでしょう。

 

さて、日本の住宅構造は3種類。

・木造
・鉄骨造
・鉄筋コンクリート造(RC)

 

各工法はそれぞれ長所、短所があるため一概にどれがベストとは言えません。自分のライフスタイルや好み、予算に合った工法が自分にとって最適な工法。

次のブログで日本の気候風土に適した工法について考えてみようと思います。

 

[関連記事]

一般住宅に適した工法は木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート(RC造)?

オール電化と太陽光発電システムの導入は未知との遭遇の世界

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。