個の時代が進む21世紀-高林秀亘

アイオーデータIODATA-外付けポータブルハードディスクHDDを接続

アイオーデータ/IODATA-外付けハードディスク500GB

ThinkPadのために外付けハードディスクを購入しました。

 

IODATA/アイ・オー・データの外付けHDD

モデルはIODATA/アイ・オー・データの外付けハードディスクで、型番はHDPF-UT500K。容量は500GBでUSB3.0と2.0に対応しています。価格は8,000円でお釣りがきます。

パッケージには「超カクうすLite USBケーブルを接続するだけで使えるUSBバスパワー対応。USB3.0/2.0対応」と印刷されています。

 

USB3.0

このUSB3.0は、USB2.0の後継にあたるUSBインターフェース規格。USB3.0のデータ転送速度はUSB2.0より約10倍速い。

USB3.0とUSB2.0のデータ転送速度は、それぞれ最大5.0Gbpsと480Mbps。USB3.0は計算上、2.0より10倍速い。しかし、これは理論上の最大速度ですから、実際の差はもっと小さいでしょう。

実際、3.0対応のハードディスクを使用してみると、感覚的には2.0より断然早い。10倍は言い過ぎの感がありますが、明らかに処理スピードの速さを実感できます。

ノートパソコンの内蔵ハードディスクはデスクトップパソコンのそれに比べて遅さを感じるものですが、USB3.0対応の外付けハードディスクの処理速度はデスクトップパソコンのハードディスク並みに感じます。

 

IODATA/アイ・オー・データ-外付けハードディスク

 

他のデスクトップパソコンにも、同じくIODATA/アイ・オー・データのHDPC-AU1.0Aを使用しています。

このHDDの容量は1TB。

それにしても、この手の外付けハードディスクは超小型で軽くて、便利この上ない。

 

個人的に、今までハードディスクのトラブルに直面したことは幸いながら1度もありません。しかし、機械物は100%ではないし、物理的な稼働部分がある装置は必ず故障リスクと隣り合わせです。

外付けハードディスクを使用する際、最初のバックアップ設定に多少の手間は必要ですが、あとはスケジュールどおりに自動でデータをバックアップしてくれます。

 

[Amazon]
I-O DATA HDD(ポータブルハードディスク) 

I-O DATA HDD(据え置きハードディスク)

 

[楽天市場]
ハードディスク(ポータブル型)

ハードディスク(据え置き型)

 

[関連記事]

ノートパソコン選び-米軍MIL規格Lenovo ThinkPad Lシリーズに決定

ノートパソコンLenovo ThinkPadレノボシンクパッドL540が到着

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com