ビデオテープのデータをDVDにダビングしてくれる便利なサービス

あらゆる機器のメディアが変遷を辿ってきた中、ビデオのメディアもアナログのビデオテープからHDDやメモリーへと移り変わってきました。

かつて、録画したテレビ番組やビデオカメラで録画した映像が記録されているビデオテープをなかなか処分できず、押入れの肥やしと化しているケースが少なくないと思います。

今日、ビデオデッキの出番はほとんど無いでしょうし、本体は埃を被っていることでしょう。いざ、ビデオデッキを使おうとしても、可動部分の油が切れてしまっているかもしれません。

長い冬眠状態が続いているビデオデッキにビデオテープをセットしたら、最悪、テープが内部で絡まってしまうかもしれません。

それなのに、なぜかビデオテープだけは、家のどこかで放置プレイ状態となっているのです。

あなたの部屋はどうでしょうか?

ビデオテープのデータをDVDへダビング

いつまでもビデオテープを保管しておいても、スペースの問題があります。ここで、ビデオテープの情報をデジタル化して保存したいもの。

ビデオテープやカセットテープの磁気テープは保管場所と状態によっては、記録されている情報が劣化していく可能性があります。

20年前のビデオテープを再生してみたところ、ノイズだらけでとても鑑賞にならないケースが少なくありません。

そこで、ビデオのアナログ情報をDVD化すれば、より長く録画情報を保管できますし、保管スペースがほんの僅かで済みます。

VHSビデオテープ

赤矢印

DVDディスク

アナログ情報をデジタルへ変換するためには、機器が完璧に揃っているのが前提。しかし、もし機器が揃っていても、デジタル化は面倒で手間がかかる作業です。

そこで、ビデオテープのDVDダビングサービスがあります。

専門業者にビデオテープを送付すれば、DVDに記録されて戻ってきます。ダビング作業の手間と時間を考えたら、このサービスは一考の価値がありそうですね。

ビデオテープをDVDにダビング・・ビクター・ダビングサービス new_window_icon_black

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP