個の時代が進む21世紀-高林秀亘

ミニバン大国日本-人気が続くミニバンのメリット&デメリットとは?

TOYOTAアルファード,LEDテールランプ

近年、日本国内で売れている自動車は軽自動車、ハイブリッドカー、コンパクトカー、ミニバン。

 

2014年上半期(1~6月)、日本国内の新車販売台数はTOYOTAアクア、プリウス、HONDAフィットの販売台数を合計すると、347,000台を超える。

そして、TOYOTAヴォクシー、ノア、ベルファイア、アルファード、NISSANセレナの販売台数は168,000台を超える。

出典:一般財団法人、日本自動車販売協会連合会 new_window_icon_black

 

ミニバンに根強い人気

既に、ミニバンブームは過去のもの。それでも、ショッピングモールや施設の駐車場では依然としてミニバンを多く見かけます。今もミニバンに根強い人気があるのが読み取れます。

 

駐車場

 

世界的にミニバンがよく売れる国は日本とインドネシア。

そもそも、ミニバンの本家本元はアメリカ。

しかし、ミニバンはアメリカ市場で主流の自動車ではありません。アメリカでは、バンは基本的に商用車として使われる自動車で、後から後部座席を装着したモデルがラインアップに加わりました。

そして、内装を豪華にしたミニバンがかつてのアストロやスタークラフト。

アメリカ市場でバンは多人数乗用車であり、ボディサイズが大きいこともあって、準ミニバス的な存在。

アメリカ市場で一番人気の車種は、ピックアップトラック。

 

アメリカの人気車種No1

GMCピックアップトラック

 

アメリカ合衆国で最も人気がある車種はピックアップトラック

 

フォード「Fシリーズ」

シボレー「シルバラード」

ラム、ピックアップ・トラック

 

以上の3モデルで、米国市場の販売台数の上位3位を独占しています。

アメリカはピックアップトラックの歴史が長い国。

アメリカの映画で、ピックアップトラックが数多く映し出されています。アメリカ人にとってピックアップトラックは日本のカローラと軽トラックを足して2で割ったような自動車なのかもしれません。

 

アメリカの西海岸から内陸のアイダホ州、ネバダ州、ユタ州に入ると、ピックアップトラックの割合が増えます。内陸に入ると農業関係者が増えるため、ピックアップトラックならば、荷台にあらゆる物を積載できます。

また、ピックアップトラックの荷台に犬を乗せたり、アウトドア用品、オフロードバイクを積んで移動できます。川で泳いでびしょ濡れになった犬やアウトドアで汚れた用品、バイクでも、ピックアップトラックならば気にする必要はありません。

これは、ミニバンには無い魅力。

 

そして、内陸の幹線道路から外れると、未舗装道路が増えます。雨が降ると道路が泥濘地と化すため、最低地上高が高く、大径タイヤを履くピックアップトラックが好都合なのでしょう。

言わば、ピックアップトラックは内陸の広大な大自然の中で暮らすアメリカ人の生活を支える大切なパートナーと言えます。

 

 

日本のミニバンの特徴

TOYOTAヴェルファイア

独自に進化してきた日本のミニバンは日本の自動車文化の一つ。日本人独自の”おもてなし”の精神で設計されている日本のミニバンは動く小さな洋風旅館的。

アメリカや欧州でもミニバンは生産されていますけど、設計コンセプトが日本とは異なります。日本のミニバンは独自の世界があって、オプションパーツが豊富なところも特徴です。

 

ミニバンのメリット

・天地方向のスペースに余裕があり、室内空間が広い。

・3列シートを畳めば、広大なラゲッジルーム。

・多彩なシートアレンジが可能。

・ドライバーのシートポジションが高い位置にあるため、見晴らしがいい。

 

ミニバンのデメリット

・前面投影面積が広く空気抵抗が大きい。

・重心が高く、横風の影響を受けやすい。

・ロールを抑えるため、フロントサスペンション、リヤサスペンション共に硬め。

・開口部が大きくボディ剛性の確保が難しい。

 

他にも、ミニバンはセダンやワゴン、クーペと比べて、タイヤのアウターショルダー部が偏摩耗しやすい傾向があります。これは、専用タイヤやタイヤローテーションで対応したいものです。

 

豊富なオプションパーツ

各自動車メーカーやサードパーティーはミニバンのイメージと付加価値を高めるために、豊富なオプションパーツ、アクセサリーを揃えています。

 

自動車メーカーやサードパーティーが演出しているのはラウンジのような高級イメージ。ミニバン用のエアロパーツ、メッキパーツ、マフラー、サスペンション、インテリアパネル、シートカバー等のカスタムパーツがとても豊富です。

更に、LED関連パーツも非常に充実しています。

カーライフにオリジナリティを求めるオーナーにとって、ミニバンはカスタマイズが楽しめるクルマでもあります。

 

カスタムパーツ

[車種別専用ブラインドシェード for プライバシー保護&車中泊]



車種別専用設計!ブラインドシェード

 

[車中泊の必需品、車中泊専用マット]



車中泊専門店オンリースタイル

 

 

中古車&ミニバンを探すなら

ミニバンを探すならガリバーが便利。ミニバンの他にも、気になる中古車が毎日入荷しています。人気車種は早めにチェックしたいですね。



 

ラクに車を高く売るならオークション形式の車査定サービス

オークション形式の車査定サービスなら、営業電話と車の査定は1回だけ。一括査定のように複数の業者から電話がかかってくることはありません。複数回の業者対応と査定が煩わしい人はオークション形式がお勧め。

 

ユーカーパック

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ホワイトver.

 

セルカ

革新的、中古車売却方法、SellCa(セルカ)

 

[関連記事]

インドネシアはトヨタのアバンザに人気が集まるミニバン大国

マイルドヤンキーとは何なのか?あのNHKが定義する5つの特徴

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com