個の時代が進む21世紀

進化を続けるユニクロUNIQLOフリース-ファストファッションの今と昔

ユニクロ、フリース

みんな大好きユニクロの製品は日本の国民服?として定着しています。

私も20代の頃からユニクロを愛用しているため、ファーストリテイリング社の業績にわずかながら貢献してきました。

その他に、アバクロ、GAP、ディーゼルを着込むこともありましたけど、今となってはユニクロが多くなりました。ユニクロのジーンズも2、3本は持っています。管理人とってユニクロはカジュアルウエアとして必要十分なのです。

 

セーターを着なくなった

かつて、冬場は厚手のシャツの上からセーター着込むのが普通のスタイルでした。確かにウールのセーターには毛織物としての良さがあります。セーターを着ていると、体を動かして体温が上がっても化学繊維のフリースような蒸れをほとんど感じないのが特徴。

しかし、セーターは定期的にクリーニングに出す必要があり、Offシーズンの保管管理も大切。そんなこんなで、今やプライベートでセーターを着ることが無くなり、フリースだけになりました。

 

ユニクロ、フリース

UNIQLOフリース

 

進化するユニクロのフリース

今となっては、ユニクロ万歳の声が多いものの、ユニクロの初期のフリースはそれなりの品質でした。初期のUNIQLOフリースは毛玉ができやすく、生地が厚い割にはそれほど暖かさを感じませんでした。

それでも、セーターよりは手軽なため、多くの人は自然とフリース派になっていったと思います。

近年のフリースは生地そのものの質が明らかに進化し、毛玉ができにくくなっています。薄手のフリース生地でも保温性は確実に良くなっています。また、フリースを洗濯しても、生地の傷みがほとんど確認できないのも特徴と言えます。

 

ファストファッションがアパレル業界を席巻

管理人は初期のユニクロフリースからダウンジャケット、ヒートテック、チノパン、ジーンズ、ニット、靴下までユニクロ愛用者の1人。初期のユニクロフリースを買い込んだ頃、アパレル業界の将来が見えたような気がしました。株に例えるならば、「ユニクロ買い」。

将来、間違いなくユニクロのようなファストファッションが業界を席巻し、他のセレクトショップや中堅ブランドは厳しい方向へ進む予感がしたのです。

当時、洋服も「安かろう悪かろう」が普通の価値観でした。

しかし、ユニクロは品質の高い製品を低価格で販売したからこそ、日本のみならず海外でもユニクロ信者を獲得することができたのです。

ユニクロの路線は大きくぶれることはなく、高品質な製品を手頃な価格で販売しています。

ユニクロは「H&M」や「FOREVER 21」と比べたら、ややデザインが保守的かもしれません。しかし、ユニクロは定番の商品を長期的に製造販売するからこそコストを削減でき、売価に還元できるのでしょう。

管理人のようなアパレルの素人であっても、当時、アパレル業界の将来が想像できたことからも、意外と業界内の方々は自分たちの将来が見えにくいのかもしれません。

「魚の目に水見えず人の目に空見えず」という諺があるように、目の前のものは当たり前で認識できないことが多いと思います。視点が違う人間から水を眺めると、透き通っているのか濁っているのかが分かります。

意外と素人の方が業界の将来を見通せることができるのかもしれません。

 

[関連記事]

ユニクロヒートテックより暖かい最強のインナー防寒着はチョモランマ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び