個の時代が進む21世紀-高林秀亘

石油ファンヒーターはコロナ,ダイニチ,トヨトミで電気代が違う

コロナ ファンヒーター

石油ファンヒーターは便利で、コストパフォーマンスが高い暖房器具です。

そして、非常時は昔ながらの石油ストーブを使えばいいのです。これなら、外部のAC100V電源が不要です。石油ストーブの上に、やかんを乗せて、お湯を沸かしながら部屋を加湿できます。

 

 

石油ファンヒーターの特徴

石油ファンヒーターと電気エアコン暖房の発熱量を比較すると、石油(灯油)の方が圧倒的に高いです。化石燃料が持つ熱エネルギーは断トツで、部屋が温まるスピードも速いです。寒冷地では、FF式の石油ファンヒーターが主流なのが、その証拠です。

しかも、灯油を燃やすことで、温風吹き出し口より水分も放出されています。これは、自動車のマフラーから水分が放出されているのと理屈は似ています。これにより、部屋の加湿効果があります。

もちろん、一般的な石油ファンヒーターは、部屋の空気を燃焼し続ける構造上、定期的な部屋の空気の入れ替えが必須なのは言うまでもありません。

 

 

家庭用、電気エアコン暖房の特徴

家庭用の電気エアコン暖房は、スイッチ一つで手軽に操作でき、給油の手間がかからないメリットがあります。また、空気が汚れないため、子供がいる家庭でも安心して使用できます。

なお、電気エアコン暖房は、室内の空気が乾燥しやすいという問題があります。よって、加湿器の併用が必要(必須)です。「蒸気式加湿器」の消費電力は300W前後。これは、エアコン暖房を使用するための必要経費となります。

なお、安価に販売されている「超音波式の加湿器」を使う場合、こまめな給水タンク内の掃除が必須です。できれば、毎日の掃除が欠かせません。給水タンクが汚れていると、給水タンク内の雑菌が部屋中にまき散らされて、健康被害を受ける危険性があります。

 

暖房器具で灯油と電気のどちらを選ぶかは、住宅事情にもよります。

一戸建てであれば、自由に暖房器具を選べるものの、管理人はエアコン暖房がどうも苦手。人間は古来より火を操ってきたし、人は火で暖を取る方が適していると思っています。

 

 

コロナ石油ファンヒーターの特徴

 

石油ファンヒーターと石油ストーブはそれぞれ特徴があります。管理人は長年、石油ファンヒーターを愛用しています。エネルギー効率を考えれば、温度設定ができる石油ファンヒーターの方が上です。そして、石油ストーブは非常用として保管しています。

 

確かに、石油系ストーブは給油の手間が必要です。しかし、今となっては、従来の給油の問題が解消されています。

 

 石油ファンヒーターのタンクキャップが改良されているため、手が灯油臭くならない。

 手頃な電動灯油ポンプが普及し、給油作業でミスが無くなった。

 

 

管理人は長年、コロナ社の石油ファンヒーターを愛用しています。コロナ石油ファンヒーターの特徴は次のとおりです。

 

【1】作動音がとても静か

【2】消費電力が小さく、電気代が安い

【3】タンクキャップの設計が秀逸

 

コロナ社の「よごれま栓」は非常によく考えられた設計です。

 

コロナ よごれま栓

 

赤矢印

 

コロナ よごれま栓

給油口左側の金属製つまみを引っ張るだけでオープン

 

コロナの「よごれま栓」なら、ワンタッチでタンクキャップの開閉ができます。女性や高齢者でも、これならワンタッチですから、極めて秀逸な設計です。冬場、月に何回かはタンクに給油しますから、このような気配りが素晴らしいです。

 

 

石油ファンヒーターの消費電力に注目

日本の石油ファンヒーター市場は、老舗企業の独壇場。総合電機メーカーは随分昔、石油ファンヒーター市場から撤退しています。

ファンヒーター選びの注意点として、メーカーによって、石油を気化させて燃焼させる仕組みに違いがあります。

燃焼方式によって、次の2点に違いがあります。

 

スイッチOnから点火開始までの時間

本体の消費電力(電気代)

 

 

消費電力を比較

コロナとダイニチの石油ファンヒーターを比較すると、消費電力にかなりの違いがあります。両メーカー共に、暖房出力「3.70kW」の石油ファンヒーターを比較しました。

 

暖房出力「3.70kW」の石油ファンヒーターの場合

暖房の目安は、木造(戸建)10畳まで、コンクリート(集合)13畳まで。

 

 

【コロナ、製品Aの消費電力】

弱燃焼時 [10W]、強燃焼時 [20W]

 

【ダイニチ、製品Bの消費電力】

弱燃焼時 [60W]、強燃焼時 [120W]

 

コロナの製品Aは、ダイニチの製品Bに比べて、消費電力が「1/6」です。大雑把に電気代も「1/6」と考えていいでしょう。この違いをどのように考えるかは、あなた次第です

 

 

消費電力が小さい石油ファンヒーター

電気エアコン暖房であっても、スイッチを入れてから温風が出てくるまで少々時間がかかります。

「コロナ」と「トヨトミ」は、スイッチをOnにしてから温風が出てくるまで数分は必要です。しかし、稼働中の消費電力が小さいという特徴があります。

 

 

[コロナとトヨトミの特徴]

・本体の消費電力が小さい(電気代が安い

・スイッチONから点火まで、少々時間がかかる(点火まで数分

 

 

[Amazon]

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター (木造9畳まで/コンクリート12畳まで) サテンシルバー FH-G3216Y(S)

新品価格
¥11,800から
(2017/10/5 09:17時点)


コロナ・石油ファンヒーター

トヨトミ・石油ファンヒーター

 

[楽天市場]

【コロナ】石油暖房 石油ファンヒーター【FH-G3217Y-S 木造9畳~コンクリート12畳】

価格:11,800円
(2017/10/5 09:19時点)


コロナ・石油ファンヒーター

トヨトミ・石油ファンヒーター

 

 

 

1分1秒でも早く、暖を取りたいならば

冷え切った部屋に入って、1分1秒でも早く暖をとりたい人なら「ダイニチ」と「アラジン」。

 

[ダイニチとアラジンの特徴]

・スイッチOnから点火までの時間が早い(点火まで1分以内

・本体の消費電力が大きい(電気代が高い

 

 

[Amazon]

ダイニチ・石油ファンヒーター

アラジン・石油ファンヒーター

 

[楽天市場]

ダイニチ・石油ファンヒーター

アラジン・石油ファンヒーター

 

暖房器具は、頻繁にスイッチをON/OFFするような製品ではありません。

人がその部屋にいる限り、長時間にわたって暖房器具の作動が続きます。よって、暖房器具の初期の立ち上がり時間はたいした問題ではないため、管理人はコロナ社製品を愛用して長いです。

 

関連記事

コメント

    • TONTON
    • 2017年 10月 07日

    おはようございます。
    あ~ぁ、もうこんな季節がすぐにやってきますね。
    我が家は石油ストーブ派ですが、そろそろ買い替えを考えています。
    ちょうどタイミングよく参考にさせて頂けます^-^

      • Heeday
      • 2017年 10月 09日

      記事が参考になれば幸いです。

    • しのしの
    • 2017年 10月 07日

    こんにちは。
    北海道ではホームセンターなどで季節催事場にて石油ストーブの販売が始まりました。
    私も石油ストーブが大好きです。灯油タンクも480ℓですから一度業者さんに来てもらって入れてもらえば そのままですから。
    消してから点火して温風が出るまで少し時間がかかりますが 暖かさはダントツですよね。
    寒冷地エアコンも使ってますが、やっぱり石油ストーブが一番いいです。

      • Heeday
      • 2017年 10月 09日

      石油ストーブはダントツですね!

    • totochan(ととちゃん)
    • 2017年 10月 08日

    こんばんは。
    ブログランキングから来ました。
    石油ファンヒータの電気代は、どこのメーカーも同じ様なものだと思っていました。
    コロナとダイニチでかなり違う事に驚きました。
    今度購入する時に、参考にさせていただきます。
    応援して帰ります。

      • Heeday
      • 2017年 10月 09日

      ありがとうございます。

    • 桐島あい
    • 2017年 10月 09日

    こんばんは。

    私が住む地域ではストーブが必須で、
    新たにストーブを買うために検索していたところでした。

    情報提供ありがとうございます、
    参考にさせていただきます。

    • しゃんしゃん
    • 2017年 10月 12日

    お早うございます。
    石油ファンヒーターはメーカーによって消費電力は違うのですね。
    新たに暖房器具を買う時、「電気代を安く抑える方を優先するとスイッチを押してからすぐには点火しない。反対にスイッチを押してからすぐ点火するけど電気代が高くつく。」というようにどちらの条件を優先するか悩みますね。購入する時は参考にさせて頂きます。早速応援して帰ります。

    • マッキー
    • 2017年 10月 16日

    こんばんは。
    長い間、古い暖房器具を使っているのですが、
    今の暖房器具はこんなに進化していて、消費電力も少ないんですね。
    じっくり検討しようと思います。
    ためになる情報をありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。