個の時代が進む21世紀-高林秀亘

ソニーSONY密閉型イヤーレシーバー/ヘッドホンMDR-EX650レビュー

SONY/ソニーMDR-EX650

SONYヘッドホン MDR-EX650T

何年ぶりであろう。

某大型家電量販店にて、SONY/ソニーの密閉型インナーイヤーレシーバーを購入しました。型番は”MDR-EX650T”。

 

主観が入るヘッドホン選び

某大型家電量販店では、2,000円前後のヘッドホンから3万円超の高級品まで大量に陳列されていました。数万円以上の高級ブランドの一群は、ガラスケースに収まっています。

その周囲に、試聴用のヘッドホンが大量に陳列されていました。そこで、気になる製品から順に、手元のiPod classicに接続して試聴しました。

価格設定が高いヘッドホンは、相応のパーツと開発コストをかけてサウンドチューニングされていると思いますし、確かに音質に違いがあります。勿論、高価なヘッドホンであっても、自分好みのサウンドではないこともあります。これはスピーカーも同じです。

 

さて、店内のBGMが耳障りながら、神経を集中して各製品を聴き比べてみると、同価格帯の製品でも音が明らかに違います。それが、各メーカーの個性とも言うべき違いです。

手軽な価格の製品は、明らかに低音の出力が不足しているヘッドホンもあるし、安っぽい音のヘッドホンもあります。しかし、だからと言って無下に却下したくなるわけではありません。それらはそれで、価格相応のパフォーマンスを持っていると思います。

 

SONYらしい音

今回の予算は1万円以内で決めていました。

その範囲で収まる物を物色していると、ゴールドとも真鍮(しんちゅう)カラーとも言える鈍く光るヘッドホンが目に入りました。

商品説明によると「SONY 真鍮ハウジング採用」と書かれています。

 

SONY/ソニーMDR-EX650

SONY Headphone MDR-EX650T

 

腕利き職人さんが真鍮を削り出しで製作した商品なのかと気になり、手元のiPodにSONYを接続してみました。

MDR-EX650のハウジング素材は、真鍮製のため重量が嵩みます。ソニーの開発者のインタビューによると、真鍮は管楽器に使用される音質の評価が高い材料のため、採用となったようです。

ちなみに、MDR-EX450のハウジング素材はアルミニウムを採用。

 

サウンドインプレッション

MDR-EX650の第一印象として、ヘッドホンの装着感がとても良く、自分の耳にヘッドホンのイヤーピースがとてもフィットします。それと同時に遮音性が高く、外界の音が随分シャットアウトされます。まるで、耳栓しているよう。

鼓膜に届くサウンドは低音に厚みがありますが、決してブーミーでドンシャリという音ではないと感じました。重低音が響きすぎて、中音域がぼやけているわけではないし、高音域も淀み無く綺麗に出ている印象です。

なお、SONY MDR-EX650は、同価格帯のオーディオテクニカのヘッドホンよりは低音に厚みがある印象を受けました。

 

イキがいい、元気な音がSONYらしいサウンドなのかもしれません。今、使用しているヘッドホンの低音域に不満があれば、この機種を選んでも文句は無いと思います。

 

※MDR-EX650のYouTube動画。

 

オーディオテクニカもいいけど

他にオーディオテクニカの製品も複数陳列されていました。今まで、SONYのヘッドホンを何回か購入した経緯がありますから、他を知るためにも、実はオーディオテクニカの製品が気になっていました。

オーディオテクニカのヘッドホンは「飾らない素直な音」が特徴だと感じていましたから、次回は・・・と潜在意識の中にありました。ところが、私の視界に入ってきたオーディオテクニカの製品の音は、何故か私の耳を説得してくれませんでした。

 

コストパフォーマンスが高いSONY MDR-EX650T

その時、私のiPhoneに要返信の急ぎメールが入ってしまったため、SONY MDR-EX650Tに決めたのでした。

本体カラーはブラスブラウンとブラスブラックの2種類。私はブラスブラウンをセレクト。

価格は通販市場で5,000円台から7,000円台。個人的にMDR-EX650Tのコストパフォーマンスは高いと思います。

 

[Amazon] SONYステレオイヤーレシーバー MDR-EX650 new_window_icon_black

[楽天市場] SONYステレオイヤーレシーバー MDR-EX650 new_window_icon_black

 

 

[参考リンク]

密閉型インナーレシーバーSONY MDR-EX650、開発者インタビュー 

 

[関連記事]

Apple iPod Classicの音質はCDプレーヤーより優れていると思う

Bluetooth対応KENWOOD-ケンウッドミニコンポK-531-Bレビュー

Bluetooth対応KENWOOD-ケンウッドミニコンポK-505-Nレビュー

関連記事

コメント

    • 借家住まい
    • 2016年 8月 02日

    素人ですが、先にレビューされた方と、奇遇にもほぼ同じ感触でしたので購入を決めました。そうですよね!?決め手はコスパと音質です。
    普段使いのヘッドホンは、モニターヘッドホンでしたので、フラットな音質のものを求めて電気屋の視聴コーナーに行ったつもりでした。通学にウオークマンをイヤホンで聞いていた20年前以来、まさか自分がイヤホンを求めようとは、技術の進歩に驚きました。妻のウオークマンを借りて、ユーミン・ドリカム・クラッシック視聴を試みました。
    サウンドは、全般的に薄化粧(真鍮によるいい響きという意味で)という自然に近い感じです。
    他社重低音重視のタイプは響きすぎて中音域がぼやけているのもありましたが、これは、淀みぼかし無く、さらに原音より明るく出ている。わざと過ぎないのがやさしい。低音域は、電子低音が特にきれいに出ます。
    この音の明るさ、元気感、艶?真鍮音導管の恩恵かと推察できました。

    他にオーディオテクニカの製品も複数陳列されていた。オーディオテクニカ(ハイレゾ)の製品も気になっていた。聞いてみると素直なフラットな音だったが、何か物足りなくなってしまった。
    そこで、店員さんが現れて値段交渉。程よい化粧のほうが安くなってよかったようだ。

      • Heeday
      • 2017年 1月 05日

      アクセスありがとうございます!

      ヘッドフォン選びは、やはり複数のメーカーを聴き比べて納得できる物を選びたいですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。