個の時代が進む21世紀-高林秀亘

高音質ミニコンポ-KENWOODケンウッドKシリーズK-531-Bレビュー

KENWOOD ケンウッドコンポ K-531-B

某大手家電量販店の通販でケンウッドKENWOOD K-531-Bミニコンポを購入しましたので、その経緯とレビューを呟いてみたいと思います。

 

パイオニアのコンポを処分

かつて、Pioneerのコンポを愛用していました。そのコンポは旧世代のモデルということもあり、iPodやiPhoneを接続して使用する設計ではありません。Bluetoothにも未対応。

よって、iPod classicを使うようになってから、ほとんどコンポを使わなくなりました。それは、ただの黒い角張った部屋のオブジェと化していました。

コンポがそのままでは部屋の空間を無駄に占領しているだけですから、Pioneerのコンポを処分しました。しばらくはiPodを使用し、スピーカーで音楽を聴きたい時はPC用の外部スピーカーに接続していました。

PCで使用している外部スピーカーはウーハー付きながら、基本的に音楽を聴く前提のモデルではありません。そこで、iPod&CD再生機+チューナーとしてのミニコンポの購入を検討したのでした。

 

二極化するオーディオの世界

しばらくコンポを購入していないこともあり、まずは情報入手から始めました。2014年現在、旬のコンポは押しなべて小型の物ばかり。

各オーディオメーカーは高音質コンポも製造販売していますが、それでも本体とスピーカー共に小型の部類に入ります。

それより更に上のハイエンドクラスのオーディオもラインアップしていますが、そのような機器はオーディオ愛好家や暇とお金がある年金受給者の方々に支持されているのでしょう。

今となっては、オーディオマニアの世界も高齢化が進んでいるようです。

それと同時にオーディオの世界も自動車やアパレル業界のように2極化しているような気がします。商品のラインアップが手頃な価格帯の商品と高級品に2極化していて、両者の間を埋める商品が無くなりつつある印象を受けます。

 

ケンウッドKENWOOD K-531-Kシリーズ

さて、私の場合はポケットマネーで買えるコンポで十分。ただ、子犬がワンワンと鳴くようなチープな音では購入をためらってしまいます。

そこでネット検索すると、案の定コンポユーザー達がブログや各種板で言いたい放題。ネット情報の精査は簡単なことではありません。

 

KENWOOD ケンウッドコンポ K-531-B

KENWOOD K-531-B

 

その中で、Bluetooth対応のKENWOOD K-531(Kシリーズ)の評判がなかなか良さそうな印象を受けました。

KENWOODのオフィシャルサイトで確認すると、K-531はフルデジタルプロセッシング回路を採用し、しかもアンプは左右独立タイプ。iPodを接続すれば、音楽情報がスピーカーまでフルデジタル処理という設計に心が惹かれました。

益々興味が湧いてくると同時に、音を確認する意味でも実機を確認したくなりました。そこで、せっかちな私は渋谷の某大手家電量販店へ足を運んだのでした。

 

店舗内でKENWOOD K-531はすぐに見つかりました。

店員に頼んでCDを再生していただいたのですが、なにぶん店内のBGMがうるさいし、他のオーディオ機器からもジャンジャン音が出ています。KENWOOD K-531の音がはっきりわかりません。

ただ、K-531は子犬がワンワンと鳴くようなチープな音ではなく、比較的、低音が響く音でしたから一安心でした。気持ち的にはその場で購入してもよかったのですが、ひとまずその日は家路についたのでした。

 

ケンウッドKENWOOD K-531を注文

その日の夜、某大手家電量販店が運営するショッピングサイトでK-531をチェックし、その日のうちにオーダーしました。価格は3万円でお釣りが来ます。

今回、生まれて初めてKENWOOD製品をオーダーしたこともあり、妙に期待で胸が膨らんでいました。大人になっても、子供の頃にミニカーやプラモデル、ラジコンを買った時と同じような心境です。

 

ネットで注文した商品は翌々日に到着しました。

早速、梱包を解いてみます。

セットアップといっても、本体とスピーカーをケーブルで接続してアンテナを装着するくらい。手間はかかりません。ちなみに本機とスピーカを繋ぐケーブルは黒と赤の2色ではなく、See throughタイプで銅線が透けて見えるタイプ。

このような気遣いが妙に嬉しい。

 

豊かな音を出すケンウッドKENWOOD K-531

次に、マニュアル片手に各機能を確認していきます。K-531はBluetooth対応。部屋で使っているノートパソコンとペアリングしてYouTubeの音をKENWOODへ飛ばせます。

次に、重低音を引き上げる「D-BASS」機能は「5」にセットして、早速CDをセットして再生してみます。

徐々にボリュームを上げていくと、小型スピーカーから聞こえてくる音は小型犬どころか大型犬に匹敵するワンワンぶり。直径25cm前後のスピーカーから出る重低音とは違う種の音ながら、3万円でお釣りがくるミニコンポとしては十分満足できる音だと思います。

これなら10畳どころか、20畳のリビングでも十分対応できる音。

本体のイコライザー側(DSP)で音に厚みを付けているのは理解できますが、何故こんな小型スピーカーから豊かな音が出せるのか不思議です。しかも、中音から高音域まで手抜きは感じられません。ちなみにスピーカーはバスレフ型。

なお、K-531のスピーカーは設置場所と角度によって両耳に入ってくる音がかなり変化します。いろいろと試してみて、ベストなスピーカーポジションを探ってみてもいいと思います。

 

K-531の購入後、ミニコンポの小型スピーカーからはロクな音が出ないという、今までの固定観念がガラガラと音を立てて崩れていきました。K-531の値段が値段ですから、音質にはそれほど期待していませんでした。しかし、いい意味で音質の良さに裏切られたことに少々驚きです。

総括レビューとして、KENWOOD K-531-Bのコストパフォーマンスは十分高いと思います。今後、KENWOODからNewモデルがリリースされていくでしょうけど、この「Kシリーズ」は要チェックですね。

また次回、KENWOODのコンポを買うかもしれません。

これでいいのだ。 😀
KENWOOD K-531-B 総評:★★★★★

 

【Amazon】

JVC KENWOODミニコンポ

【楽天市場】

JVC KENWOODミニコンポ

 

[参考リンク]

KENWOOD ミニコンポ Kシリーズ 

 

[関連記事]

Bluetooth対応KENWOOD-ケンウッドミニコンポK-505-Nレビュー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com