個の時代が進む21世紀-高林秀亘

ゴールド免許証で得られる特典と特権、優良運転車の矛盾とは?

運転免許証

自動車やトラック、バイクの運転免許証を持っていると、3年または5年に1回、運転免許証公安委員会から「運転免許証更新手続きのご案内」ハガキが送られてきます。

この運転免許証の更新時期が来るといつも思うのですが、ゴールド免許証にどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

ゴールド免許証のメリット

ゴールド免許証は正しくは「優良運転者免許証」。まず、考えられるゴールド免許証のメリットは、

 

・任意保険の保険料がわずかに優遇される。

・運転免許証更新時の手続きが簡単。

・一目で無事故、無違反。

 

これくらいでしょうか。

 

ゴールド免許証制度の矛盾点

家具

 

ゴールド免許制度の大きな矛盾点はペーパードライバーならば、皆ゴールド免許証を手にするところです。

ペーパーさんは、まったくと言っていいほど運転しませんから、減点や反則金制度の蚊帳の外にいます。

ペーパーさんは貴重品を入れる場所に免許証を入れっぱなし。免許証のことなど、すっかり忘れた頃に「運転免許証更新手続きのご案内」が届きます。そして、更新手続き後、引き続きゴールド免許が交付されるのです。

この「優良」という言葉の定義を詳しく知りませんが、ペーパーさんは車両を運転しないから違反が無かっただけなのです。

 

他方、職業ドライバーや日常的にステアリングを握るドライバーは当然のごとく年間走行距離が多くなります。年間走行距離が多ければ、遵法意識が高い模範的なドライバーであっても、軽微な違反をしてしまうことがあります。

下り坂でスピードオーバーしてしまったり、一時停止の標識を見落としてしまうことがあります。

人間は誰だって間違いをおかしてしまうのです。

 

道路交通法の建前として、時速1km/hでも速度超過すれば違反です。一時停止の標識がある交差点で、車両のタイヤが完全に停止しなければ、これも違反です。

中にはゴールド免許証をポケットから取り出して、無事故無違反を顕示するドライバーがいるかもしれません。

しかし、少なくとも無違反であることは有りえないでしょう。ドライバーが法定速度プラス5km/hや10km/hの速度で走行中、スピード違反で取り締まりを受けなかっただけの話。

 

トンネル

 

法定速度が50km/hの道路であっても、日本の多くの車両は60~70km/hで走行していることが多いのが現実。

そのような状況で単独車両が50km/hを維持すれば、円滑な交通の流れを阻害してしまいます。

車両同士の相対速度が大きいと、それが交通事故を誘発する危険性が高まります。後続ドライバーのちょっとした脇見運転が原因で追突してくる可能性もあります。

よって、多くの車両は交通の流れに乗って走行しているのが実情です。

 

優良運転者とは?

ゴールド免許制度に公平性を与える方法があるのでしょうか。

例えば、

年間走行距離と過去の違反経歴を勘案し、年間走行距離が多いドライバーであっても違反が無い、あるいは軽微な違反経歴であれば、一定の基準以上でゴールド免許証を与える仕組みが考えられるかもしれません。

年間走行距離が多いドライバーで違反が無い、または軽微な違反経歴で無事故であれば、ペーパードライバーより運転技術は明らかに高いのです。

 

他方、ペーパードライバーはただでさえ、まったく運転しないか稀に運転する程度。ペーパーさんの運転技術は明らかに低いのです。ペーパーさんは運転に慣れていないから、事故を起こす可能性が高いのです。

車を運転中、前方を走行中の自動車を眺めると、初心者やペーパードライバー特有の車の動きが観察できます。概して、運転に不慣れなドライバーは交通の流れに乗ることができず、ウインカー操作のタイミング遅れ、後方確認が不備のままの車線変更等、運転のぎこちなさが目立ちます。

そのようなペーパードライバーが運転していると、周囲のドライバーは危険を察知して車間距離を空けるか、追い抜いていきます。

 

例えば、ペーパーさんや年間走行距離が少ないドライバーにはゴールド免許を与えないようにすればいいかもしれません。彼ら、彼女たちの運転技術は優良ではないからです。

あるいは行政コストが上昇する問題点はあるものの、運転免許証の更新時にペーパーさんは特別講習を受けるような仕組みも考えられるでしょう。

 

運転免許証に色区別が必要?

さて、ここで、どのように運転走行距離を記録していくのかという問題が浮上します。過去から今まで、運転免許証に走行距離を記憶させるようなシステムは存在していません。

例えば、ETCカードのように、車両のインパネスロット部に運転免許証を差し込んで、免許証内のメモリーに走行距離を記録していくようなシステムの実現は不可能ではないでしょう。(この場合、官民の深い協業が必要。)

更に、車両に免許証を差し込まなければ、走行できないようにすることも可能でしょう。

 

しかし、ではバイクはどうするの?という問題があります。建設車両にも、そのような装備が必要なのかという問題もあります。

もちろん、このようなシステムはコストアップ要因。誰がコストを負担するのかという問題もあります。

 

ところで、他国でこのように免許証にゴールド、ブルー、グリーンの色を付ける制度があるのでしょうか?

 

[関連記事]

レーダー探知機-コムテック,ユピテル,セルスターでおすすめはこれ!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com