個の時代が進む21世紀-高林秀亘

タグ:がん-ガン-癌

鮭は繁殖行動後、死ぬことで自分たちの子孫を繁栄させている

鮭

鮭は川をのぼり産卵し、その後、自分たちの体が子供たちの栄養素となります。 日本で生を受けた鮭は太平洋を回遊し、その後、自分が生まれた川に戻ります。奇跡と言ってもいい離れ業を永遠と続けているのが鮭という魚。 人間は快楽のためにも生…

詳細を見る

病院に行くなという本の出版が続く理由/武田邦彦氏

車いす、車椅子

ガン治療に関して、独自の切り口を提唱する医師やジャーナリストが少なくありません。Amazonで検索すれば、その分野の本は1冊や2冊ではありません。 ガン治療に独自の考えを提唱する医師として、近藤誠氏の名前が浮かびま…

詳細を見る

日本は、小学校から古来の道徳教育を徹底しなければならないと思う

ピンクリボン、乳がん

標準治療 医療業界は、ピンクリボンやら人間ドックやらで、片っ端から健康診断を繰り返し、ガン患者に手術、放射線治療、抗がん剤の投与を繰り返しています。 がん患者が抗がん剤投与を受けると、種類にもよりますが、1回あたりの本人負担は保険証…

詳細を見る

標準治療(手術,抗がん剤,放射線)で、がん細胞が綺麗に消えますか?

病院のベッド

がん治療と言えば、三大療法である手術、抗がん剤投与、放射線治療が有名です。 標準治療の結果 今まで、私の仕事や親戚関係でがんを患い、標準治療を受けた人は1人や2人ではありません。みんな入院して精密検査を受けてから、医…

詳細を見る

2014年、肉親者が末期がん(Stage4)で入院。胸水が溜まる状態

点滴

2014年1月、私の姉が末期がんで病院に入院しました。 2011年、私の姉は体調不良から、東京都内のとある病院の門を叩きました。 診断の結果は乳癌。病院の担当医から胸部がん細胞の摘出手術を勧められ、その後、姉は手術を受けたのです…

詳細を見る

治さない医療よさらば/がんで死ぬなんておかしい/著者:門馬登喜大

がんで死ぬなんておかしい

がんで死ぬなんておかしい 2013年9月、門馬登喜大氏が本を出版されました。門馬氏はアーユス株式会社の代表であり、AJ統合研究所の所長でもあります。 門馬氏は長年に亘り統合医療を独自に研究してきた方。 そのきっかけは、門馬氏が…

詳細を見る

年間36万人が”がん”で亡くなっている日本の現実を直視しよう

医療器具

日本では、年間36万人がガンで亡くなっています。1日あたり約1,000人もの方ががんで命を落としています。1年間の死亡者数が約120万人ですから、約3人に1人はがんで亡くなっています。 がんで亡くなる人は交通事故死の9…

詳細を見る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。