個の時代が進む21世紀-高林秀亘

ガソリン価格とペットボトル入りミネラルウォーターの価格の違い

ガソリンスタンド

2008年の夏、ガソリン価格は原油先物価格に連動するかたちで上昇し、その後に急落しました。2009年以降、再び原油先物価格が上昇局面にあることもあり、ガソリン価格もじわじわと上昇傾向にありました。

 

昔はガソリン価格が高かった

2017年3月現在、ガソリン小売価格は40年前の1977年の水準とほぼ同じです。ガソリンの小売価格に占める税金の割合は大きく、ガソリン税は1リットルあたり53.8円。

 

仮に、現在のレギュラーガソリンの小売価格が1Lあたり130円とすると、大雑把に内訳はこのようになると思います。

 

・原油価格 46円
・流通、精製コスト 24円
・税金 60円 (揮発油税及び地方揮発油税53.8円/l含む)

 

ガソリンに代表される燃料は、典型的な薄利多売型の製品。ガソリンスタンドはX億円の設備投資をしても、ガソリン1Lあたりの利益はわずかなものです。

 

10年前と今のガソリンを比べても、流通と精製コストはそれほど変化がないでしょうし、税金は変わっていません。(消費税は変更されます。)よって、液体燃料の店頭価格は原油価格の変動によって大きく左右されると言えます。もちろん、為替変動の影響も受けます。

 

それにしても、石油産油国からタンカーで原油を運び、それを石油精製プラントで精製し、タンクローリーで日本全国のガソリンスタンドに燃料を運んでいることからも、その精製と流通コストは大変なものであるのは想像に難くありません。

 

 

ミネラルウォーターの謎

ミネラルウォーター

 

他方、コンビニで売られているミネラルウォーターの価格は、国産ミネラルウォーターは500mlで110円前後。

自動販売機でも、そのあたりの価格帯で売られています。

1L換算で220円。

ところが、コンビニの同じ陳列棚に2Lの国産ミネラルウォーターが100円前後で売られていることもあるから摩訶不思議です。

 

私たちの生活に必須であるガソリンと水の小売価格を比べると、誰の目にも「ペットボトルのミネラルウォーター」の割高感を感じます。

国産ミネラルウォーターの場合、製造会社が取水地から水を汲み上げて、水処理工程を経てペットボトルに詰めて製品を出荷しています。

 

以前、富士山に近いミネラルウォーターを製造する工場を見学したことがあります。外部とは隔離された極めてクリーンな工場で、内部に人影はまばら。ボトルに水を充填する過程から出荷までほぼ全自動の工場です。

水は地下から湧き出てくるもので、製造会社が他所から水を仕入れているわけではありません。また、石油のような大規模なプラントでの精製コストは不要ですし、かかる税金は消費税だけです。

勿論、製造会社は取水地に製造工場を建設していますが、建物や生産設備は毎年、原価償却され水の製造コストはどんどん下がっていきます。

液体は、小型のボトルに詰めて梱包して運ぶよりも、巨大なタンクに入れてそのまま運んだ方が当然、流通コストが安くなります。ペットボトル入りのミネラルウォーターが割高なのは、ペットボトルへの充填コストや流通コストに理由があるからでしょう。

 

よって、ミネラルウォーターはまとめ買いすればそれだけ安くなる製品。ただ、水はただでさえ重いし嵩張ります。多くの場合、自宅内にミネラルウォーターをストックしておく場所も限られます。

近年、デリバリータイプのミネラルウォーターサービスが注目されていることもあり、これなら重量物の運搬から解放されます。12Lボトルで1,200円台であるから、リッターあたり100円少々です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com