個の時代が進む21世紀-高林秀亘

21世紀は個の時代1/フリーエージェント時代の幕開け

タブレット

21世紀は個の時代と言われる。この流れは確実に進行していると思う。この個の時代を加速させているのは、インターネットと高速通信回線の普及だ。これにより、社会そして会社の在り方、組織、個の在り方が根底から覆されつつある。

 

マイクロソフトのWindows95が誕生するまで、一部マニアの間でパソコン通信なる閉じたネットワークが存在していた。しかし当時、これは一部の世界の通信システムであって一般社会に開かれたものではなかった。その後、Windows95の登場により、社会のシステムが根底から急速に変化し始めた。

そもそもインターネットは軍事技術をベースにしたネットワークシステム。URLに含まれる”www”は、ご存じのようにWorld Wide Webを意味する。地球上の全サーバーをネットワークで繋げることで、あらゆる情報の共有と送受信を可能とした、20世紀の大革命と言っても過言ではない。これは18世紀から19世紀にかけて起こった産業革命と同等かそれ以上の革命に匹敵するものである。

 

01データ data of 01この革命によって急速に変化の波が押し寄せてきたのであるが、この変化の根本理由に気が付いていない、あるいは理解できない中高年が結構多い。

私自身、中年に属するおじさんであるから偉そうな事を言う立場には無いかもしれない。しかし、今まで10年間インターネットに関わってきたこともあり、見た目はおじさんだが中身はIT好きな青年といったところであろう。

2000年あたりからの10年間はインターネットの黎明期でもあった。順番として先にインターネットテクノロジーが構築され、後追いのかたちで通信回線の高速化が進んできた。そして高速通信回線の普及により、情報のクラウド化が加速している。

私とほぼ同世代の方々と接すると、時として違和感を抱くことがある。その理由として、「ネットは実態が無い世界であるからビジネスでは無い。」という考えに支配されている人が多いのだ。

さて、産業革命の時代、生産工場が次々と建設され、煙突から煙が立ち込めていた。だからこそ、当時は誰が街を見ても大きな変化に気づいていたはずだ。

ところがインターネットと高速通信回線が普及しても、街中の様子はたいして変わらないし電柱にぶら下がっている電話線の数が急増しているわけでもない。オフィスにパソコンが並んでいるくらいで、彼らの目に映っている実態はたいして変わっていない。だからこそ変革に気が付いていないのだろう。

この20世紀から21世紀にかけて勃興とも言えるインターネットの社会への浸透は「Invisible Revolution/見えない革命」とも言えるだろう。

次回に続く。

【21世紀は個の時代1】>【21世紀は個の時代2】>【21世紀は個の時代3

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。