個の時代が進む21世紀-高林秀亘

アフィリエイトで選んでいい広告主と選んではいけない広告主の違い

アフィリエイトで要注意の案件と広告主

アフィリエイターがアフィリエイト作業の悩みの一つとして、広告(案件)選びと広告主選びが挙げられます。

アフィリエイト初心者はASPの管理画面とにらめっこしながら、どの案件を選んだらいいのか迷うことが多いと思います。案件選びで1時間も2時間もかかることがあります。

熱いアフィリエイト市場は広告主が多く、アフィリ報酬も右肩上がり。反対に、そうではないニッチな市場は広告主が少ない傾向があります。しかし、ニッチな市場でも安定したニーズがあれば、決して侮れません。

どちらの案件を選んだらいいのは一概に言えませんし、アフィリエイターの戦略次第。アフィリエイターはそれぞれ独自の戦略を持っていますから、答えは1つだけではありません。

 

ここで注意したいのは、熱いアフィリエイト市場でも、そうではない市場でも、選んではならない案件と広告主があります。

そのような広告主はアフィリエイターの敵。是非、アフィリエイターの力で、よこしまなマインドを持つ広告主をアフィリエイト市場から排除していこうではありませんか。

健全なアフィリエイト市場の発展のためにも、アフィリエイターは広告主を慎重に選ぶ必要があります。

 

ASPの案件と広告主選び

例えば、ASP(Affiliate Service Provider/アフィリエイト・サービス・プロバイダー)で有名なA8.netの管理画面にログインし、各カテゴリーを選択すると、案件(広告)が一覧で表示されます。

 

アフィリエイト報酬が高い案件

ASPの案件の中で、アフィリ報酬が4万、5万、10万といった広告が見つかります。中には超高額な広告も存在します。

案件一覧の中で、アフィリエイト報酬が高い案件を選ぶと、なかなか収益に繋がらない傾向があります。

アフィリ報酬の単価が高い広告は案件内容からして、そう簡単には成約には至らないのです。成約に至るまでのハードルが高く、数も多い案件と言えます。だからこそ、アフィリ報酬を高めに設定していると考えられます。

報酬が妙に高額な案件の中には、広告主のブランディングが目的ではないかと訝ってしまうものもあります。

アフィリエイターの中には、アフィリ報酬額だけが頭の中でこだまして記事を書いてしまう人がいるかもしれません。

もしかして、それは広告主の思う壺かもしれません。そのようなアフィリエイターがネット上に増えてくれたら、他人のふんどしで相撲を取るようなもの。広告主の知名度が自動的に上がっていくのです。

もちろん、アフィリ報酬が高い案件は成約に至らないということではありません。ブログ記事が100ページを越えていて安定したアクセスを集めているのであれば、ペルソナに合う高額な案件を検討するのはいいと思います。

 

アフィリ報酬が発生する着地点

次に、案件の着地点がどこにあるかで、アフィリ報酬に繋げやすいのか否かが見えてきます。着地点とは、どの時点でアフィリ報酬が発生するかを意味します。

 

例えば、エステ案件の着地点は広告主によって違う場合があります。

・「カウンセリング予約完了の時点」

・お客さんが「来店した時点」

・「契約完了の時点」

着地点によって、アフィリ報酬が発生する確率が変わってきます。

この場合、上から順番にアフィリ報酬が発生する確率が下がっていきます。

 

「カウンセリング予約完了」でアフィリ報酬が発生する案件は成果報酬が低めになる傾向があります。しかし、アフィリ報酬の成約率は高くなります。エステの広告を見たお客さんが興味を抱いてカウンセリングを予約する流れは、心理的に敷居が低いからです。

 

次に、お客さんがエステの予約をして「来店した時点」でアフィリ報酬が発生する案件は成果報酬が高めになります。

この案件は、お客さんが予約日に来店する、しないというハードルがあります。お客さんがネットでカウンセリングを予約しても、キャンセルになるケースがあります。よって、このような案件は成約率が低下します。

 

最後に、お客さんが「契約完了の時点」でアフィリ報酬が発生する案件は成果報酬が最も高くなる傾向があります。

この案件は、お客さんが予約日に来店して、実際にエステを契約するかどうかというハードルがあります。お客さんが来店しても、カウンセリング後に契約に至らない場合はアフィリ報酬は発生しません。このような案件は更に成約率が低下します。

 

このように着地点がどこにある案件かで、アフィリ報酬額とアフィリ報酬の発生率が変わってきます。

以上3つの案件の中で一番、成果報酬を得やすい案件は「カウンセリング予約完了の時点」でアフィリ報酬が発生する案件です。

 

選んではいけないASPの案件と広告主

ASPの管理画面を眺めていると、案件によって「承認率」と「成果報酬」は様々。承認率はとても大切なデータ。成果報酬が高くても承認率が低い案件があると、怪しいなと思ってしまいます。

ASPに登録している広告主は商材やサービスによって様々。

広告主は大きく、「アフィリエイターはビジネスパートナー」と考えているのか「アフィリエイターを上手く利用しよう」と考えている広告主に分けることができます。

「アフィリエイターを上手く利用しよう」と考えている広告主が気になりますよね。

では、それはどのような広告主なのでしょうか?

簡単に見分ける方法はこれです。

 

【1】承認率が低い

ASPによっては、ビギナーランクでも管理画面で承認率を確認できます。

A8.netの場合、アフィリエイターにメディアランクというランキングが与えられます。3ヶ月の報酬基準額の合計が100,000~199,000円に該当するとプラチナというランクになります。この時点で承認率(A8では確定率)が分かるようになります。

ユーザーがアフィリエイトタグを踏んでアフィリ報酬が発生しても、広告主が承認しなければアフィリ報酬はゼロ。妙に承認率が低い案件を選ぶと、アフィリ報酬が発生しても結果的にぬか喜びに終わる可能性が高いのです。

承認率は複数の要素が絡んでいるため、一概に承認率が低い案件と広告主はダメとは判断できません。広告主の承認については、深いプロセスがあります。

深く考えずに、妙に承認率が低い案件は除外した方がいいでしょう。

 

【2】電話番号を大きく表示しているLP

ユーザーが自分のブログページ内のアフィリタグを踏み、広告主のLP(ランディングページ)内で商品購入なり、サービスの申し込み、カウンセリング予約をして初めてアフィリ報酬が発生します。もちろん、この時点では未承認。

LPは広告主にとって成約を左右する大切なセールスレター。

そのLPの目立つ場所にデカデカと電話番号が表示されていたら、その案件は要注意。レッドカードです。ユーザーが手元のスマホから電話で商品やサービスを購入、カウンセリングを予約したら、当然アフィリエイターはアフィリ報酬を得られません。

例外として、法律関係の案件の場合、アフィリエイター専用の電話番号が用意されている場合があります。電話で問い合わせや依頼が発生したら、報酬が発生する仕組みもあります。

 

管理人は広告主のLPの「大きな電話番号」に対して、意図的とも悪意とも感じる事が少なくありません。LPによっては、LPでは電話番号が表示されず、個人情報を入力する画面で電話番号が大きく表示されるような場合もあります。

「とにかく、お急ぎの方はフリーダイヤルで」

といった表現で、意図的にアフィリ報酬が発生しないように仕向けている広告主のLPもあるため要注意なのです。そんな、広告主は早かれ遅かれアフィリエイターから敬遠されます。

 

そのような仕掛けがあるLPを見つけると、広告主がアフィリエイターをタダで利用して集客しているのではと思われて当然です。

 

【3】案件の成果報酬が妙に低い

案件の中で、とあるカテゴリーで似たようなサービスを提供している広告主の案件を比較します。各アフィリエイト報酬は横一列ではないものの、ある程度の相場を形成しています。

例えば、エステの案件でA店とB店のサービス内容と料金はほぼ横並びとしましょう。

広告主Aのアフィリエイト報酬が広告主Bの報酬の半分以下であれば、管理人は何故だろう?と考えます。何か理由があるのではと考えます。広告主AとBのLPを一通りチェックします。

もし、広告主Aは業界で知名度が高く、成約しやすい可能性があれば、広告主Aの案件を選んでいいかもしれません。しかし、反対に広告主Aの知名度が特に高いわけではなく、LPの完成度も今一つであれば、管理人は広告主Aの案件を選びません。

 

他に、広告主のサービス内容の割には、妙にアフィリエイト報酬が低く抑えられている場合も要注意です。何か理由がある可能性があります。

 

最後に

以上のようにASPの案件の中には、誠意を感じられない広告主の案件が入り混じっているのが現実です。これは、大手でも小規模なASPでも同じです。

アフィリエイターはブログでアクセスアップを目指しながら、手間と時間をかけて記事の更新を続けていきます。アフィリエイトの世界はブログを立ち上げて1~2ヶ月で報酬が発生するような世界ではありません。

アフィリエイトはゴールが無いジョギングのような世界。自分の足跡を結果に結び付けていくためにも、案件と広告主は慎重に選びたいものです。

関連記事

コメント

    • てるりん
    • 2018年 11月 10日

    こんにちは!ランキングから来ました。
    私はアフィリエイト勉強中で、まだなかなか報酬に結びつきませんが
    諦めずにやっていこうと思います。広告主選び、どこに注目して
    選んだら良いか大変参考になりました。ありがとうございました。

      • Heeday
      • 2018年 11月 12日

      てるりんさん

      コメントありがとうございます。
      広告主とアフィリエイターがwin-winの関係になることを望みたいです。

    • Muhyo Sena
    • 2018年 11月 10日

    はじめまして。
    とても分かりやすい記事でした。
    あまり教えてもらってない情報でしたので、じっくりと読みました。

      • Heeday
      • 2018年 11月 12日

      Muhyo senaさん

      コメントありがとうございます。
      じっくり読んでいただいて、ありがとうございました!

    • Muhyo Sena
    • 2018年 11月 10日

    はじめまして。
    とても分かりやすい記事でした。
    今まで教えてもらってない情報だったので、
    これからの為にありがたかったです。

      • Heeday
      • 2018年 11月 12日

      Muhyo senaさん

      コメントありがとうございます。
      分かりやすいとのコメントをいただくと、自分の記事の書き方がズレていなかったようでホッとします。

    • しゃんしゃん
    • 2018年 11月 12日

    お早うございます。
    ASPで何度も見る広告や広告主はどれも同じように見えてわからない物ですが質が良くない広告や広告主がいるものなのですね。今後のためにぜひ参考にさせて頂きます。情報公開有難うございます。

      • Heeday
      • 2018年 11月 12日

      しゃんしゃんさん

      コメントありがとうございます。
      一部、疑問を感じる広告主が存在しますね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com