個の時代が進む21世紀-高林秀亘

Google Analyticsの解析データ保持期間を永続的に保持する方法

Google Analytics

今まで、Google Analyticsの解析データを過去に遡って全期間、閲覧することができました。3年前や4年前に立ち上げたWebやブログのデータを過去に遡って全期間、閲覧することができました。

 

しかし、2018年5月25日より欧州で施行される個人情報保護法により、Google Analyticsの設定が一部変更されます。

Google Analyticsのデフォルトでは、解析データの保持期間が26ヶ月になっています。2018年5月25日以降、この設定が自動実行されてしまいます。

よって5月25日以降、26ヶ月以上過去のGoogle Analytics解析データは見られなくなってしまいます。

 

そこで今後、26ヶ月以上過去の解析データを閲覧する必要がある場合、Google Analyticsにログインして設定が必要です。

そこで今回、Google Analyticsにログインして設定してみました。

 

Google Analyticsにログイン

Google Analytics

 

Google Analyticsにログインし、画面左下のアイコンをクリックします。

 

プロパティを選択

Google Analytics

 

プロパティを選択して、Google Analyticsに登録済みのドメインを選択します。

複数のドメインを登録している場合、ドメイン毎にこの設定を繰り返す必要があります。

 

トラッキング情報をクリック

Google Analytics

 

トラッキング情報をクリックします。

 

データー保持

Google Analytics

 

データ保持をクリック。

 

ユーザーデータとイベントデータの保持

Google Analytics

 

ユーザーデータとイベントデータの保持の画面で、「ユーザーデータとイベントデータの保持」の右側のプルダウンボタンをクリック。

以下の選択肢が表示されます。

14か月

26か月

38か月

50か月

自動的に期限切れにならない

以上のどれかを選択してクリックします。

 

保存する

 

Google Analytics

 

[保存]ボタンをクリックします。

画面上部に[完了しました]と表示されたら、設定完了です。

 

関連記事

コメント

    • しゃんしゃん
    • 2018年 5月 18日

    お早うございます。
    Google Analyticsの解析データは何年も前のデータを何度も見られると思っていたのですがそうではないのですね。それでも無期限で見られるようになっている設定があるのは有難いです。情報公開有難うございます。

      • Heeday
      • 2018年 5月 18日

      こんにちは。

      Google Analyticsのデータ保持期間はデフォルトで過去26ヶ月です。それより過去のデータは自動で削除されます。長期データが必要であれば、設定変更が必要ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com