個の時代が進む21世紀

三菱ルームエアコン霧ヶ峰のムーブアイは風速と風向きの設定が不要

2015三菱ルームエアコンMSZ-EX22E3-W

2015年5月、我が家の3部屋にルームエアコンを設置しました。2部屋の既存のエアコンは高齢化のため、買い替えになります。

一旦、ルームエアコンを設置すれば、テレビや冷蔵庫と同様、度々買い換える製品ではありません。

ここで気を付けたいのは、ルームエアコンは必ず専門業者による設置工事が必要です。ルームエアコンを設置する際、取り付け工事のクオリティを含めて選ぶ必要があります。

 

エアコンは町の電気店で購入、取り付けが安心

大手量販店の傘下に入っている町の電気店でエアコンを購入すると、長年、店を営んでいる社長さんと息子さんが取り付けてくれます。

ルームエアコンは消費電力が大きな家電製品。しかも、エアコンは電子レンジやドライヤーと違い、長時間の運転が続きます。

世の中、ネット通販やテレビ通販が花盛りかもしれませんけど、エアコンは値段だけではなく、電気工事の質と安全性を含めて検討すべき製品なのです。

よく、「エアコン工事費込みで、ハイ、○△万円」なんて広告を目にします。

エアコンは適合畳数によって価格が違うため一概には言えないものの、チラシ等を眺めれば大まかな相場が読み取れます。くれぐれも、ネット検索し、最安値店を探してはならない家電製品がエアコンなのです。

また、エアコン工事の際、立ち会いが必要なため、独身女性は見知らぬ工事屋さんより、近くの町の電気店の方が安心できるのではないでしょうか。

 

エアコンの取り付け工事費が安いとリスク有り

あまり表沙汰にならないかもしれませんけど、工事費を含めて安いエアコンを買うと、下請けの取り付け業者によっては仕事内容はそれなりのようです。

「エアコン 手抜き工事」で検索すれば、関連記事が大量にヒットします。

それはそうです。

エアコン本体と取り付け工事費を含めて安いということは、それなりの工事内容である可能性があります。下請けの取付業者はエアコン設置工事が完了したら、もうバイバイ。下請け業者の工事費が安く叩かれているならば、業者は数をこなすしかありません。

エアコンの設置は安全で確実な電気工事と取り付けが最優先します。エアコンの取付時、外壁に穴を開ける必要があるため、その部分の工事と防水処理にも注意が必要です。

そこで、今回、顔なじみの町の電気店に足を運びました。その店は大手家電量販店の看板を掲げていて、大手の傘下に入っている電気店。

すると、電気店の社長さんがすぐにカタログを持ってきてくれました。

 

「0.5℃」きざみで室温設定できるエアコンがいい

ルームエアコンは長期的に使用する家電製品。値段だけで決めると後々、後悔することになります。

エアコン選びで大切なポイントは、室温を「0.5℃」きざみでリモコン設定できるモデルがいい。そのようなモデルならば、室温がかなり一定に保たれます。

1℃きざみで室温設定するエアコンで激安モデルの場合、室温が上下しやすい問題が出る場合があります。これは、温度センサーが室温を読み取り、エアコン本体をコントロールする制御が荒くなるからです。

このような安価なエアコンを選んでしまうと、室温が一定に保たれないため、夏ならば室温を低めに設定しがち。すると、結果的に電気を食うエアコンと化すのです。

 

三菱ルームエアコン霧ヶ峰に決定

2015三菱ルームエアコンMSZ-EX22E3-W用リモコン

 

今回、三菱のルームエアコン霧ヶ峰を選びました。

型番はMSZ-EX22E3-W、MSZ-EX28E3-W。通販や大手量販店でエアコンを購入するよりは工事費を含めて高くなります。しかし、それは安全な工事費を含んでいる価格のため納得できます。

 

ルームエアコンは消費電力が大きい家電ということもあり、建物の電気配線によってはブレーカーを追加で設置する必要があります。

今回のエアコン設置工事で、我が家の既存のブレーカーBOXの隣に追加で小型ブレーカーが設置されました。更に、1階の屋根の上に設置された室外機はベース部分がゴツイ金属製フレームで組んであります。

消費電力が大きく重い室外機を設置するエアコンの場合、やはり、顔なじみの町の電気店の設置工事は安心できます。

 

シンプルなリモコン

三菱ルームエアコンに付属のリモコンには、風速やフラップの方向をセットするボタンが存在しません。

三菱エアコン霧ヶ峰は「ムーブアイ」機能を内蔵しています。このムーブアイが人の目のように左右に動きながら人の動きや床の温度等を総合的に判断し、風速と風向きを自動でコントロールします。

そして、部屋に人がいなくなるとエコモード運転に入ります。運転を自動停止することも可能。人があれこれとリモコンで細かな設定する必要が無くなったわけです。

更に、本体にエアコンフィルターの自動おそうじ機能が内蔵されています。カタログでは「約10年分の汚れを貯めることができる大容量ダストBOX」と書かれています。本当に10年?と思いますが、いつかダストBoxを掃除する日が来るのでしょう。

 

[参考リンク]

三菱ルームエアコン オフィシャルサイト new_window_icon_black

関連記事

コメント

    • 香来 明良
    • 2015年 6月 04日

    こんにちは、ブログランキングより来ました。
    新しいエアコン、いいですね!
    リモコンがずいぶんと簡素だなというイメージです。
    でも、あれこれボタンがあるよりもわかりやすいですね^^
    応援させていただきますね。

      • Heeday
      • 2015年 6月 05日

      アクセス有難うございます。

      最近のエアコンは賢くなっって、リモコンもシンプルになっているのですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び