Nujabes luv sicは私が探し求めていた心に染みるジャジーなHipHop

管理人の自室では、PCのYouTubeからBluetoothでミニコンポに音を飛ばして音楽が流れていることが多い。

YouTube設定で「Auto Play」をONにしておけば、関連ミュージックの再生が続く。

ある日、PC作業をしていたら、何ともジャジーでメロウなヒップホップが耳に入ってきました。妙に気になり、ブラウザのタブをYouTubeに切り替えると「Nujabes – Luv (sic) part 3」という表示。

Nujabes/ヌジャベス

ウィキペディアによると、Nujabes/ヌジャベスは東京西麻布出身の音楽プロデューサーとあります。そして、36歳没の文字が…

他のブログ記事では「天才」の文字が見受けられます。

管理人は20代からソウル系や洋楽HipHopをこよなく愛している一人。

HipHopはラップと合わせて前に音を出していくサウンドが特徴ながら、Nujabesのような心に染みるような情緒的とも言えるジャジーなHipHop。

あたかも大自然の美しい景色が頭に浮かんでくるようなサウンドが特徴。

Nujabesの曲によっては、映画音楽やエンディング曲にマッチするかもしれません。

日本にこのようなサウンドを作るアーティストがいたことが信じられないと共に、もっと早くNujabesを知りたかった、聴きたかったと思わせる曲。

そんなNujabesの世界をYouTubeで検索してみました。必聴。

Nujabesの代表曲

Nujabes – reflection eternal





Nujabesの曲の中で、何とも不思議な世界観を感じる「reflection eternal」。

ピアノ、そしてドラムの旋律を繰り返すシンプルな曲。その中の男性ボーカルの声がNujabesワールドを表現しているような印象を受けます。

Nujabes – Luv (sic) part 2





Nujabes – Luv (sic) part 3





Nujabes – Luv(sic)part 4





Luv(sic) からLuv(sic) Part 5が収録されているCD。

【Amazon】

Luv(sic) Hexalogy(2CD)

最後に

人によってはNujabesのサウンドに興味を抱かないかもしれません。もちろん、音楽には好みがあって、年齢や性別、今の心境、その他の複数の要因によって耳(心)に入る、入らない時があると思います。

人の嗜好は年齢や諸々のファクターによって変わっていくもの。食の好みだって、徐々に変わっていきます。

いつか将来、ふと「Nujabes/ヌジャベス」のメロディを思い出したら検索してほしい。もしくは、このページをブックマークに入れてくれてもいい。

その時、今とは違うサウンドがあなたの耳と心に入ってくるかもしれません。

形ある物は、いつか傷つき、壊れていきます。しかし、Coolなサウンドは将来にわたり語り継がれ、世の人達を魅了し続けるのです。

関連記事

コメント

    • しゃんしゃん
    • 2018.10.21

    こんばんは。
    Nujabesの曲を初めて聴きました。幻想的なイメージで演奏がきれいな音を奏でる曲に思います。どの曲もドラムのリズムを聴いていると耳に残りそうで病みつきになりそうですね。

      • Heeday
      • 2018.10.22

      コメントありがとうございます。

      Nujabesの曲には何とも言えない魅力を感じますね。

    • よっぴー
    • 2018.10.23

    日本のバンドなんですか‽

      • Heeday
      • 2018.10.24

      コメントありがとうございます。

      Nujabesは日本人です。Jazzy HipHopに属するミュージシャンです。

      Nujabesは海外でも人気が高いようです。

CAPTCHA


TOP