個の時代が進む21世紀-高林秀亘

じゃんけんの”最初はグー”を生み出したのは志村けん氏であった!?

じゃんけん、グー

2014年の正月、珍しく正月番組を見ました。

1月4日に日本テレビ系で放送された「情報ライブミヤネ屋 天才!志村&宮根のだいじょうぶだぁ スペシャル」で、志村けん氏と司会者の間で興味を引く会話がありました。

志村けん氏と言えば、「8時だヨ!全員集合」をきっかけに、世に名を知らしめた大御所芸人。当時は、全国の小学校のPTAでこの番組が問題視されたようです。

 

さて、番組によると、志村けん氏が行きつけの飲食店において、出演者やTV関係者と会食していたところ、皆でジャンケンをすることになったそうです。ところが、お酒の席でもあって、なかなか皆をまとめるのが容易ではありません。

 

パーティー

 

そこで、志村氏がジャンケンの最初に「最初はグー」と言い出したそうです。この一声で、皆がまとまるのです。

チョキでもパーでもなく、「グー」が一番響きが良く、まとまったのかもしれません。それがきっかけで、全国に「最初はグー」というジャンケン文化が広がったそうな。

 

これが本当かどうかは知る由もありませんが、関東でも関西でも「最初はグー」文化の歴史は長いと思います。この「最初はグー」文化の誕生説は、他にあるかもしれませんが、番組ではなかなかリアル感のある内容ではありました。

こんなこと、あえてブログに書くような内容ではないかもしれませんが、何故か気になる内容だったのです。

 

ところで、志村氏が高齢者の役を演じたら日本一ではないかと思います。

YouTubeで志村氏が「ひとみ」という名前で高齢者の役を演じていますが、リアル感がひしひしと伝わってきます。また、彼はバカ殿という伝統芸も持ちます。

志村氏の番組なりDVDが海外で流れているかは知りませんが、翻訳付きのJapan comedyとして通用するかもしれません。なお、バカ殿の放映の際は、日本文化と歴史を伝える意味で「おしろいと歴史的背景」の注釈が必要でしょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。