個の時代が進む21世紀-高林秀亘

GoogleアドセンスAdSense自動広告をWordPressに設定する方法&貼り方

Google AdSense自動広告

2018年2月からGoogle AdSenseの管理画面に「自動広告」が追加されました。

この広告は、WordPressの各ページにマッチするAdSense広告を自動で表示してくれます。

自動広告を貼り付ける方法は、Webサイトの<head>タグと</head>タグの間にGoogle AdSenseが指定するコードスニペットを貼り付けるだけ。

しかも、現在のブログにGoogle AdSenseのコードスニペットを貼り付けてあっても問題はありません。

Google AdSenseのヘルプ画面によりますと、Google AdSenseが設定済のAdSense広告を自動認識して、ページ内に適切な広告が表示されると説明があります。これなら、自動広告を試してみる敷居がグッと下がります。

 

今まで、ブログの管理者はAdSense広告を導入する際、ブログページのどこにAdSenseのコードスニペットを貼り付けるか意識する必要がありました。どこにコードを貼り付けるかによって、AdSenseのパフォーマンスが変わってきます。

かといって、AdSenseの管理画面とにらめっこしながらコードを貼り付ける場所を検証していくのは、なかなか難しいのです。あと、広告のサイズをどうするかという問題もあります。

そのような問題を解決してくれるのがGoogle AdSense自動広告。

そこで、まずは実行しなければ何も始まりませんので、Google AdSenseにログインしてコードスニペットをゲットしてみました。

 

Google AdSense自動広告の注意点

Google AdSense自動広告の注意点として、Google AdSenseポリシーに抵触するブログページにもアドセンス広告が表示されてしまう可能性があります。

例えば、お酒販売のページにアドセンス広告の貼り付けは禁止されています。お酒のアフィリエイト販売やお酒に関するページにアドセンス広告の貼り付けはGoogle AdSenseの判断次第。

おそらく、お酒のアフィリエイト販売ページにアドセンス広告はダメだと思います。

その他、Google AdSenseポリシーに抵触する記事が多々あるため一読をお勧めします。

 AdSenseプログラムポリシー

 

Google AdSense自動広告

Google AdSense自動広告

 

Google AdSenseの管理画面で自動広告をクリックします。AdSenseの表示画面↑は進行具合によって異なりますのでご了承ください。

青地に白文字の[新しいURLグループ]をクリック。

 

URLの選択

Google AdSense自動広告

 

Google AdSense自動広告を設定したいURLを選択してBoxにチェックを入れます。

 

広告設定の選択

Google AdSense自動広告

Google AdSense自動広告

 

デフォルトでは、全ての広告がONになっています。デフォルト状態では、ブログ記事によっては広告だらけになることも想定されます。

そこで、ブログページにマッチする広告を選択して、それ以外のトグルスイッチはOFFにします。管理人はインフィード広告をOFFに設定しました。

 

確認

Google AdSense自動広告

 

URLグループ名を付けます。URLを入れた名称を付けると後々、管理が便利です。そして、[保存]ボタンをクリック。

 

Google AdSense自動広告

 

詳細URL設定に設定したURLの情報が追加されました。

上図の右上、[自動広告を設定]ボタンをクリックすると、自動広告のコードスニペットが表示されます。「コードスニペットをコピー」ボタンを押せば、クリップボードにコピーされます。

以上でGoogle AdSense自動広告のコードスニペットをゲットできました。

次は、WordPressにコードスニペットを貼り付ける方法です。

 

WordPressにGoogle AdSense自動広告を貼り付ける方法

WordPress

 

ここで、どのようにWordPressにAdSense自動広告のコードスニペットを貼り付けるかが問題。選択肢は2つ。

(1)外観>テーマの編集で<head>と</head> タグの間に自動広告のコードスニペットを貼り付ける。

(2)プラグインをインストールして自動広告のコードスニペットを貼り付ける。

管理人は(2)を選択しました。

 

WordPressのメニューの中で「外観」>「テーマの編集」をクリックすると警告文が表示されます。

CSSを理解している方は別として、テーマの編集画面をいじるのはリスクがあります。使っているテーマのアップデートで何らかの不具合が発生する可能性もゼロではありません。

管理人はCSSの専門家ではないため、WordPressの「外観」>「テーマの編集」画面は禁断のページだと考えています。

ということで、「テーマの編集」画面で<head>と</head>の間にコードスニペットを貼り付ける作業はやりたくありません。

そこで、もう1つの方法はプラグインを使用する方法。

 

プラグインAd Inserterで自動広告のコードスニペットを貼り付ける

WordPressのプラグインを使ってGoogle AdSenseが指定するコードスニペットを貼り付ける方法はリスクがありません。Google AdSenseのヘルプ画面でもプラグインの使用を推奨しています。これなら、Googleに肩を押してもらったようなものですから、プラグインの使用がベターでしょう。

もちろん、なるべくプラグインは増やしたくないものの、もしプラグインをインストールして、ページの動作が重くなったり不具合が発生したら削除するだけ。別の相性のいいプラグインを探して、再び試してみればいいのです。

そこで、管理人は複数のプラグインの中で「Ad Inserter」を選んでインストールしました。他の管理しているブログで「Ad Inserter」を使用しているため、馴染みがあるのです。

 

Ad Inserterのインストール方法

WordPressの「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

ad inserterプラグイン

 

画面右上のキーワード検索BOXに「Ad Inserter」と入力します。

Ad Inserterが表示されます。

Ad Inserter WordPressプラグイン

Ad Inserter

 

[今すぐインストール]をクリック。

 

Ad Inserter WordPressプラグイン

Ad Inserter

 

[有効化]をクリック。

 

Ad Inserter WordPressプラグイン

Ad Inserterインストール完了

 

インストールが完了。

 

Ad Inserterの設定

では、Ad InserterにGoogle AdSense自動広告のコードスニペットを貼り付ける設定に入ります。

上図のSettingをクリックします。このような画面が表示されます。全て英語表記ながら、設定はシンプル。

 

Ad Inserter WordPressプラグイン

Ad Inserter

 

Ad Inserter WordPressプラグイン

Ad Inserter

 

まず、

(1)Ad Inserterの右上の設定ボタンをクリック。

(2)Headerタブをクリック。

 

Ad Inserter WordPressプラグイン

Ad InserterにGoogle AdSenseもコードスニペットを貼り付ける。

 

この黒い画面にGoogle AdSense自動広告のコードスニペットを貼り付けます。

 

Ad Inserter WordPressプラグイン

Ad InserterをONにする。

 

Ad Inserterの黒い画面の右上にボタンがあります。このボタンをクリックして「緑」にします。これで設定がONになります。

最後に[Save Setting]ボタンを押して設定終了です。(お忘れなく)

 

最後に自動広告の確認

Google AdSense自動広告の設定は確実に手順を踏んでいけば、特に難しい作業ではありません。これで、10~20分経過すれば設定したブログにAdSenseの自動広告が表示されるようになります。

広告のチェックはPCとスマホの両方で行います。

記事内広告の数と表示される場所は自動。

今後、ブログのアクセス数が増えるにつれて、Google AdSenseの学習機能によるパフォーマンスの向上に期待します。

 

※当サイトの利用は自己責任でお願いします。

関連記事

コメント

    • 金城梨絵
    • 2018年 12月 06日

    こんにちは!!アドセンス広告の仕方勉強になりました!早速実践してみたいですヽ(´▽`)/

      • Heeday
      • 2018年 12月 07日

      コメントありがとうございます。

      自動化できるものは取り入れたいですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com