個の時代が進む21世紀-高林秀亘

Googleアナリティクスで年齢&性別の見方-女性のアクセス増加の理由

Google Analytics blog

管理人は時々、Google Analyticsで当ブログのアクセス状況をチェックしています。

先日、何気なくアナリティクスの管理画面を見ると、女性のアクセスが増えていることに気付きました。こちら。

 

アクセスユーザーの年齢分布と性別

Google Analytics blog

Google Analytics

 

Googleアナリティクスで年齢と性別を確認

Googleアナリティクスにログインし、アナリティクスの画面左メニューから [ユーザー] > [ユーザー属性] > [概要] をクリックすると、アクセスユーザーの年齢と性別が棒グラフと円グラフで表示されます。

 

アクセスユーザーの年齢分布

アクセスユーザーの年齢分布グラフを見ると、当ブログは35~44歳の方のアクセスが一番多いのが一目で分かります。

(No1)35~44歳

(No2)25~34歳

(No3)45~54歳

それにしても、当ブログにアクセスする年齢層の多くは25~54歳まで幅広い事が分かります。

 

長年、ブログ更新を続けていくと、ブログの管理人が考えている事がブログに色濃く反映されていきます。文章の上手い下手はありますけど、記事のテーマや内容を通して管理人のキャラクターが何となく伝わってくるもの。

当ブログの管理人も他人の事をあれこれ言える立場にはありませんけど、誤字脱字やおかしな文法には気を使っているつもり。

年齢や性別によって考え方が異なりますし、興味の対象や好みも違います。

ブログのテーマをワードプレスやアフィリエイト、SEO等に絞っているブログは別ながら、管理人の年代と当ブログにアクセスするユーザーの年代は比較的近い傾向があるような気がします。もちろん、例外はありますけど。

 

女性関係のキーワードでググっていると、ファッションやアクセサリー、コスメ、ヘアスタイル、フード、旅行といった記事が多いブログがヒットします。更に、記事を読んでいくと、ページに洋服やアクセサリーの写真がアップされています。

その他、生活に関係した記事やレストランの写真等を眺めていると、そのブログの管理人の年齢層がだいたいイメージできます。

20代前半の女性をイメージさせるブログもあれば、30歳前後の女性をイメージさせるブログもあります。女性はファッションやコスメ、アクセサリー等の身に付ける物や生活の中の関心事が年齢によって大きく変わっていきます。

これは、男性とは異なるところ。

20歳前後の女性と30歳前後の女性は、それぞれ興味の対象が明らかに異なりますし、子供が大きくなってきた40代の女性の興味の対象も異なります。30歳と40歳、50歳の女性は、同じカテゴリー(例えばファッション)で検索する際、その検索キーワードが全然違います。

女性は年齢と共に、あたかも昆虫が脱皮するように感性と嗜好が変わっていくようなところがあります。

そのような理由もあって、Google Analyticsでユーザーの年齢層を確認することは大切な意味を持ちます。アクセスユーザーのペルソナ(ユーザー像)をイメージして記事を更新することで、ユーザービリティが上がりますし、ブログのアクセスアップに繋がります。

 

ちなみに、Google Analyticsのデータからも、当ブログのアクセスユーザーにマッチしない記事として、

・20代前半までを対象とした内容

・50代半ば以降を対象とした内容

以上の2つは確実に言えます。

 

アクセスユーザーの性別

アナリティクスの画面で、濃い青色が男性(male)、薄い方が女性(female)です。女性のアクセス割合が20.8%。なんと20%を超えている事実に驚き。

正直、うれしく思います。

と言うのも、女性向きの記事を書いていくチャンスが増えるからです。

この世は男性と女性。

男性向きの記事だけでは野郎ブログになってしまうので。

 

昔のアップダウンクイズの様相

この理由を考えてみますと、2018年8月、Googleがコアアルゴリズムアップデートを実施しました。それ以降、当ブログの各ページへのアクセス動向に変化が見られます。かつて、アクセス数が多い上位10ページが全アクセスの40%前後を占めていました。

ところが、8月以降、上位10ページのアクセス数が減少し、アクセスが他のページへ分散しています。Googleアルゴリズムの変化により、当ブログのアクセス動向が変わり、女性のアクセスが増加しているとも考えられます。

これは、新しい発見と言えます。

 

このことからも、Googleのアルゴリズムアップデートでブログが飛んだ!といった声が飛び交う中、Googleアナリティクスでデータを拾っていくと、興味深い変化に気付きます。

アルゴリズムの変化により、今までGoogleからあまり評価されていなかったページへのアクセス数が伸びることがあります。逆に、今までGoogleから評価されてきて、アクセス数が多かったページが上位表示から外れることもあります。

なんとも昔のアップダウンクイズを彷彿とさせる現象。

ブログ内で、今まであまり日が当たらず、アクセス数が少なかったページに日が当たり始めることがあるわけです。

 

Googleアナリティクスはアクセス情報の宝庫

かつて、当ブログの読者の約90%ほどが男性であった記憶があります。

そもそも、ブロガーが特に意識をしないでブログ記事を書いていくと、男性が運営しているブログには男性のアクセスが多く集まりますし、女性が運営しているブログには女性のアクセスが多く集まる傾向があります。

例えば、PCや車関係のブログに集まるユーザーのほとんどは男性ですし、コスメやアクセサリー関係のブログに集まるユーザーのほとんどは女性。一部、例外はありますけど。

 

Google Analyticsの管理画面には様々なデータが表示されます。それらの中で、アクセスユーザーの性別は年齢分布と同様に貴重なデータ。

他にも、次々と新たなベータ版のデータが追加されています。

Googleアナリティクスは高度なアクセス解析ツール。時間が空いている時、アナリティクスにログインして各メニューをクリックしていくと、新たな発見があるはず。そして、データの変化に気付くことでしょう。

関連記事

コメント

    • しゃんしゃん
    • 2018年 12月 15日

    こんばんは。
    キーワード検索してアクセスする女性の分析が細かくて面白いです。男性は独身でも結婚しても興味の対象は変わらない気がします。女性は独身と結婚した後で年代に関係なく興味の対象が違ってくるのではという見方ができそうですね。

      • Heeday
      • 2018年 12月 15日

      しゃんしゃんさん

      いつもコメントありがとうございます。(_ _)

      アクセス解析は気付きが多いですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com