個の時代が進む21世紀-高林秀亘

叔父の告別式で思い巡らす

かすみ草

2017年1月24日、叔父が永眠された

 

人はこの世に生を受け、育ち、学び、出会い、生き抜き、やがて永遠の眠りにつく

この世に完璧な人なんていない

しかし、人はこの世に生を受けた以上、それで完全体だと思う

何故なら、生命の誕生は奇跡だから

人として生を受けた以上、与えられた条件で生き抜くことで

人となるのであろう

 

親父よ、本当にありがとう。心から感謝している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


窓ガラスフィルムで快適空間-遮熱,断熱,省エネ,目隠し

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食と健康を探究するジャパンフード

口臭対策&ホワイトニング

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び