個の時代が進む21世紀-高林秀亘

スーツケース/キャリーバッグの選び方&注意点-機内持ち込み可を購入

スーツケース、キャリーバッグ

駅の構内を歩いていても、一昔前に比べて、キャスターが付いた小型スーツケースを持つ人を多く見かけるようになりました。

旅行でも出張でも、キャスター付きスーツケースを1度使うと、もう手放せません。もう、重いバッグには戻れなくなります。

今まで、布製の小型スーツケースを使用していました。昨年、容量不足のため、一回り大きなスーツケースに買い換えました。

 

TOPVALUキャリーケース

イオンの店内で、おなじみの「TOPVALU」ブランドのスーツケースが並んでいました。

イオンではキャリーケースと呼んでいるようです。幅広いカラーバリエーションと大きさの中から、飛行機の機内持ち込み可能なサイズを選びました。

価格は、確か¥8,000ほどでしたから、随分安くなったものです。

キャリーケースにTOPVALUのブランドが与えられていますから、それなりの品質は与えられているのでしょう。そこはイオンさんを信用しました。

今となっては、多くのファブレスメーカーからキャリーバッグが発売されていることもあり、ブランドに拘らなければ、価格も随分こなれてきました。

 

スーツケースの素材

スーツケースの素材は「ポリカーボネート」「Curv®」「布」「ABS樹脂」「アルミ」製があります。

 

スーツケース、キャリーケース小型

 

デザインと素材は好みの問題ですが、強度が強くて軽い素材はポリカーボネート製。クルマのヘッドライトカバーの材質もポリカーボネート製ですから、強度は折り紙付きです。

有名ブランド、Samsonite/サムソナイトは、Curv®という素材で作られたスーツケースを製造販売しています。これは、驚くほど超軽量です。実際、サムソナイトのスーツケースを持ち上げると、心配になるほどの軽さです。

 

飛行機の乗り換えや空港内で、スーツケースは手荒に扱われます。1回、旅行に行くだけでバッグに傷が付きますから、傷が目立たないカラーで衝撃に強い素材が適切です。布製以外のスーツケースなら、雨天時の心配も不要です。

 

ファスナー式のスーツケース

ファスナー式のスーツケースは大丈夫でしょうか?

ボールペンでファスナーが簡単に開けられてしまいます!ファスナー式スーツケースの中の荷物は、丸裸状態と言っていいです。

この動画を見て、自分はファスナー式スーツケースを購入しなくて良かった!と胸を撫でおろしました。ここで、スーツケースの購入を検討している皆さんは、この動画を閲覧してどう思いますか?

 

キャスターも要チェック

スーツケースのキャスターのタイヤには、樹脂素材が使われています。キャスターの出来具合によっては、路面の凸凹やタイルの繋ぎ目でかなり音が出ます。

そこで、スーツケースの購入時、本体のみならずキャスターもチェックしたいもの。キャスターがチープなものは音が出やすいし、寿命も期待できないでしょう。

 

ちなみに、管理人が所有しているサムソナイトの大型スーツケースは20代の頃に購入したもの。

当時、50,000円以上、支払った記憶があります。既に、グリップ部分は破損してしまったため、メーカーに問い合わせて補修部品を取り寄せて交換済みです。

キャスターは、今だ現役です。

スーツケースなら軽量&長く使えるサムソナイト 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。