個の時代が進む21世紀-高林秀亘

自分を不幸にしない13の習慣/著者:マックスウェルモルツ

横断歩道を渡る人々

今から50年前、ある女性が交通事故で顔に傷を負ってしまいました。彼女はとある整形外科医の元に訪れました。医師の名前はマクスウェル・モルツ。

モルツ博士はこの患者を治療していくうちに、ある驚くべき事実を発見しました。

それは、セルフイメージという人間の心の奥底に隠された自分像の存在でした。人間はセルフイメージ、つまり「自分で自分をどう思っているか?」を持っており、人生に起きる全ての事がセルフイメージの影響を強く受けています。

 

そして、人間は知らず知らずのうちにセルフイメージに従って生きています。つまり、セルフイメージを変えることによって、人間の行動が変わるそうです。

行動が変われば、人生が変わります。

セルフイメージを変えることが何よりも大事ということになります。

 

マックスウェルモルツ博士は人間なら誰もが持っている、このセルフイメージを使って自動的に成功する方法をサイコ・サイバネティクスという一冊の本にまとめました。

そして、全世界で3,000万人以上の人に大きな影響を与えている。このCDはそのセルフイメージについてCD4枚分というボリュームでとても詳しく解説されています。

http://directlink.jp/tracking/af/997591/lwVcUQlt/ new_window_icon_black

 

◆90日間保証
この本を読まれて、気に入らないようでしたら、上記リンク先ページ内の連絡先へご連絡ください。購入日より90日間以内に本を返品していただければ、代金を全額返金いたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com