個の時代が進む21世紀-高林秀亘

サウスウエスト航空の称賛され続けている飛び抜けた戦略とは?

エアポート

投資家ウォーレン・バフェットが絶対に投資しない業界があります。それは、航空会社。

 

バフェット氏の投資

バフェット氏は1989年、とある航空会社への投資が間違いであることに気付き、それ以降、航空会社への投資を一切していません。

ビジネスモデルが極端で利益が出るはずがないという。

事実、航空業界の利益率はとても低く、業界別の平均営業利益率ランキングを見ても航空業界はワーストグループの常連です。

2,000年以降、航空業界の平均営業利益率はマイナスになっているケースも多々あるのです。

 

サウスウエスト航空

そのような中で、1973年以降、米国の景気動向に関係無く、黒字経営を続けている数少ない航空会社があります。

それが、サウスウエスト航空。

創業2年目から40年以上連続で黒字。

 

1991年湾岸戦争、90年前半の不況、

2001年同時多発テロ、2003年イラク戦争、

2000年中の原油高、

2008年金融危機後の大不況の間、利益を計上し続けています。
(航空業界は2001〜2005、2008、2009年に赤字を計上している)

1972年〜2002年の投資収益は全米すべての上場企業の中で最大。

 

最も働きやすい会社、全米ナンバーワン獲得し、求人採用倍率44.5倍(合格率2.2%)。

サウスウエスト航空は航空業界の中で、飛び抜けて優秀な会社なのです。

その理由は「戦略」にあります。

教科書にもたびたび登場し、「戦略の古典的名作」と賞賛される同社の戦略はこちら。

http://directlink.jp/tracking/af/997591/ZqYC8BMT/ new_window_icon_black

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com