個の時代が進む21世紀-高林秀亘

メーカーは販売代理店制度からアフィリエイト販売を強化する時代

パソコン,タブレット

流通の流れは、製造メーカーが問屋へ商品を卸し、商品によっては2次、3次問屋を経て小売店に並びます。あるいは、メーカーや販売元が販売代理店を募集し、代理店経由で商品が流通しています。

しかし、これらの流通システムはスマホの普及により、製品やサービスによっては過去のものになりつつあります。

 

製造メーカーが抱える問題

sale セールボード

 

製造メーカーやサービスの提供元が頭を痛める問題の1つとして、商品の小売価格の値崩れです。今まで、多くのメーカーはあの手この手を使って小売り価格の維持に努めてきました。もちろん、独占禁止法の範囲内での話です。

そして、メーカーが代理店制度を導入している場合、諸般の事情で販売代理店側から契約が解除されることもあります。それが有力代理店であれば、メーカーは打撃を受けます。そもそもメーカーは販売代理店を100%コントロールすることは不可能なのです。

手元のスマホで手軽に商品やサービスが買える今日、メーカーとしてはブランドイメージと小売価格の維持が容易ではない時代。

そもそも、インターネットの普及が始まった2000年台初頭から、毎年EC市場が拡大を続けてきた背景から流通が大きく変わってきたのです。

 

頻繁なモデルチェンジ

メーカーが新製品を発売しても、ネット市場では短期間で小売価格の値崩れが発生します。よって、メーカーは短期間でマイナーチェンジ、あるいはモデルチェンジを繰り返して、小売価格を維持していかざるを得ない事情があります。

そして、それがメーカーの経営を圧迫するのです。

それが容易ではないとなると、ライバル製品の中で自社製品が埋もれていくのです。

インターネット通販の拡大に比例して、この連鎖がスピードアップしてきました。誰も、この連鎖を止めることはできないと言っていいでしょう。

だったら、小売価格の値崩れが起きない方法で商品やサービスを流通させるしかないのです。

 

アフィリエイトの活用

この問題を解決する方法として、アフィリエイターに商品やサービスの紹介を依頼するアフィリエイト販売が真っ先に挙げられます。

もちろん、従来の巨大な流通経路を抱えている大企業群は、そう簡単に流通革命を起こすことは難しいでしょう。

その点、メーカーや販売業を営む中小企業は従来の販売代理店制度を見直して、アフィリエイト販売を取り入れる、または切り替えるのも1つの方法。

 

アフィリエイト販売の流れ

スマートフォン、スマホ

 

インターネットネットユーザー

 

▼ アクセス

 

【アフィリエイターが運営するブログやWeb】

 

▼ メーカーのLPにアクセス

 

【メーカーの販売用ページ】

 

▼ 商品購入

 

ネットユーザーに商品が届く

 

※メーカーは商品が売れた時点でアフィリエイターにアフィリエイト報酬を支払う。

 

メーカーのメリット

このシステムのメリットは次のとおり。

 

・商品の小売り価格が値崩れしない。

・ブランドイメージを維持できる。

・メーカーがネット広告を出す、出さないは自由。

・成果報酬型広告のため、商品が売れてからアフィリエイターに報酬を払えばいい。

・商品のライフサイクルを延ばすことができる。

 

メーカーのデメリット

勿論、いいことばかりではありません。

 

・メーカーが商品販売用LP(ランディングページ)を用意する必要がある。(1ページでOK)

・メーカーが物流機能を構築する必要がある。(物流の外部委託が可能)

 

ネット通販の世界では、販売代理店同士で価格競争が進むと、代理店はその商材の取り扱いからの撤退を視野に入れることもあります。代理店は不毛な価格競争から撤退していくのは当然です。

インターネット通販が右肩上がりで上昇を続けている中で、メーカーは販売代理店が減少していく問題に直面しているかもしれません。

 

アフィリエイターは強者揃い

今後もアフィリエイトによる商品の流通は右肩上がりで成長していくことはあっても、その反対は考えられません

なお、アフィリエイターに商品の紹介を依頼する以上、相手は大切なパートナー。この意識が足りないメーカーがまだまだ目立ちます。中には、楽天のアフィリエイト報酬と同レベルのケースが見られます。

アフィリエイター達は商品やサービスを紹介しても、あまりメリットが無い商品や紹介しにくい商品であれば、即、他の商品のアフィリエイトに流れていきます。

アフィリエイターに対するアフィリエイト報酬を低く抑え、アフィリエイターの労力を軽視しているメーカーは相手にされません。

アフィリエイトの紹介ページを作成するためには、リサーチを含めてかなり時間がかかる作業ですから当然です。アフィリエイターにとって、選べる広告は数多いのです。

 

アフィリエイター達はメーカー業の社長さんが想像する以上に俊敏で、すばしっこい人達。朝令暮改が普通の世界。しかも、インターネットの環境変化はリアルワールドの比ではありません。

もし、自社の商品やサービスがアフィリエイトで販売可能であれば、ASPやアフィリエイターとの関係を密にするマーケティングが重要と言えますね。

 

Rewrite on May 10, 2018

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店