個の時代が進む21世紀-高林秀亘

新型コロナウイルス対策!N95マスクと手洗いで感染症を予防せよ

超危険!新型コロナウイルス、感染の予防対策せよ!

2019年12月、中国の湖北省武漢市で発生した「2019新型コロナウイルス」は、中国のみならず他国でも感染者が確認され、2020年1月の下旬現在、日本でも感染者が確認されています。

2019新型コロナウイルスは超がつくほど危険な感染症のため、厳重な注意が必要です。

日本政府は中国人の日本への入国を黙視しているため、中国人が続々と日本に入ってきています。中国人が日本国内を自由に移動する以上、新型コロナウイルスが日本国内で爆発的に広がり、感染が拡大する危険性があります。

では、新型コロナウイルスに感染すると、どのような症状が出て、治療方法があるのか?そして、感染症の予防対策について書いていきます。(2020年1月26日)

※2020年2月1日、新型コロナウイルスを「指定感染症」とする政令が施行されました。これにより、中国の湖北省に滞在歴のある外国人や湖北省発行のパスポートを所持する外国人に対して日本への入国を拒否する運用が始まりました。

 

2020年2月11日、世界保健機関/WHOのテドロス事務局長は新型コロナウイルスによる肺炎を「COVID-19(コビッド19)」と名付けました。

 

2020年1年25日、武漢市の様子

 

新型コロナウイルスとは?

2019新型コロナウイルスは、今まで知られていない感染症を引き起こすウイルス。人が2019新型コロナウイルスに感染すると、症状として肺炎による発熱、呼吸困難、咽頭痛、筋肉痛、頭痛、脱力、下痢が報告されています。

疲れがたまっていて免疫力が低下している人や高齢者が2019新型コロナウイルスに感染すると、重症化する危険性もあります。

 

新型コロナウイルスはどのように感染する?

2019新型コロナウイルスは飛沫感染します。感染している人の咳が周囲に飛散し、周囲の人が細かい水滴を鼻や口から吸い込むことで感染します。

また、不特定多数の人が触る物、例えば、電車やバスの吊革、ドアノブ、エレベーターの操作スイッチ、自動販売機のスイッチ、建物内の照明スイッチ等に触れて、その手で自分の鼻や口を触ることで感染する可能性もあります。

GMOがバイオハザードを危険視

GMOインターネットグループは2020年1月27日、渋谷、大阪、福岡のオフィスで働く社員に対して、在宅勤務を命じました。今後、GMOは日本国内で2019新型コロナウイルスの感染拡大を重大視したと考えられます。

 

新型コロナウイルスの治療方法

新型コロナウイルスの治療方法はありません。

新型コロナウイルスの感染者は大学病院などの陰圧病室で隔離されます。扱いはエボラと同じなのです。

病院では対処療法として、解熱剤、ステロイド、バビリン(万能の抗ウイルス薬)などの投与が考えられます。新型コロナウイルスの特効薬は存在しないため、医薬品で症状を抑える治療です。

最終的には、感染してしまった患者本人の免疫力次第なのです。

ちなみに、風邪の80~90%はウイルス感染が原因。風邪薬は風邪の諸症状を緩和する医薬品であり、風邪を治す医薬品ではありません。

とにかく、感染症の治療は患者の免疫力次第です。

 

新型コロナウイルスの感染予防方法

中国人が続々と日本に入国している以上、私たち日本人は感染症の予防対策を徹底するしかありません。本当、「2019新型コロナウイルス」を甘く考えないでください。

要マスク

感染予防としてマスクは必須。2020年1月以降、外出する時はマスクが必須なのです。車で出かける時や散歩に出かける時もマスクは必須です。

マスクの装着時、鼻と目の下の部分に隙間ができやすいため、マスクが肌にピッタリとフィットするタイプがお勧め。

もちろん、マスクは消耗品のため、毎日、要交換。

電車やバス、タクシーに乗る人や人が集まる駅や建物に出入りする方は、1日に何回もマスクを交換してもいいでしょう。

なお、ドラッグストアで販売されている普通のマスクは着用しないよりは、着用した方がいい程度。一般のマスクを装着しても気休め程度のため、可能な限り「N95マスク」の装着を推奨します。

手洗い、うがい

そして、「手洗い」と「うがい」の徹底。

具体的な手洗いとうがいのやり方は検索してください。

使い捨て手袋

感染を予防するためには、手袋を装着します。しかも、毎日、洗濯して交換する必要があります。

しかし、革製の手袋やウール製、フリース製の手袋を毎日、洗濯するのは現実的ではありません。

そこで、ゴム製の使い捨て手袋を使用する方法があります。黒色のゴム製、使い捨て手袋であれば、目立ちません。

なぜ、一般のマスクは気休め程度?

・PM2.5のサイズは「2.5μm」(マイクロメートル)。

・細菌のサイズは「1μm」。

・ウイルスのサイズは「0.1μm」。

ドラッグストアなどの店舗で売られているマスクの中で、パッケージに「花粉、ハウスダスト、PM2.5に」と表示されている商品があります。

そのマスクでPM2.5(2.5μm)のキャッチは可能なのでしょう。しかし、ウイルスのサイズは、PM2.5や細菌より桁違いに小さいのです。

 

N95マスクとは?

N95マスクはアメリカ合衆国労働安全衛生研究所のN95規格に合致しているマスク。N95マスクは0.1~0.3μmの微粒子を95%以上、除去できる性能があります。

N95マスクは医療現場で使われるマスクのため、一般のドラッグストアでは取り扱っていないケースが多いと思います。入手が難しければ、通販で購入できます。

【Amazon】

N95マスク(DS2)

【楽天市場】
N95マスク(DS2)

 

2020年上期の生活について

2020年1月30日現在、新型コロナウイルスはSARS(サーズ)を上回るスピードで感染が拡大しています。だからこそ、新型コロナウイルスに対して、SARS以上に細心の注意が必要です。

ウイルス感染の予測は容易ではないため、管理人はここで情報を煽るようなことはしません。

ただ、私たちが将来を予測して迅速に行動、対応することが自分、そして家族や周囲の仲間を助けることに繋がります。爆発的なウイルス感染が発生する前に、感染に注意してもし過ぎることはないのです。

管理人は今後、日本でヒト・ヒト感染が拡大していく可能性が高いと考えています。

 

感染予防のための生活

・人が集まる駅、ショッピングモール、デパート、イベント会場等へ行かない。

・電車、バスに乗車しない。(移動は自動車かバイク)

・外出時、マスクと手袋を装着する。できれば、メガネも。

・通販で購入できる物は、なるべく通販で買う。

・中国産の食品は要注意。

可能な限り、部屋に閉じこもることで、感染リスクを回避できます。しかし、それは理想論でもあります。

毎日、公共交通機関を利用し、人がごった返している駅などに出入りしていれば、それだけ感染リスクが高まってしまうと理解するしかありません。

あと、感染症に打ち勝つためには、体の免疫力を高める必要があります。

 

免疫力を高める方法

感染症に打ち勝つためには、自分の免疫力を高めるしかありません。免疫力を高めるための方法として、いくつかあります。

とにかく十分な睡眠をとり、栄養素を摂ることです。詳細は関連記事をご参照ください。

[関連記事]

免疫力を低下させる原因と食べ物、免疫力を高める方法と食べ物は? 

 

追記

2020/2/14

管理人がこの記事を書いた1月26日以降、中国国内では新型コロナウイルスの感染者が増加の一途をたどってきました。

日本では、マスコミが豪華客船ダイヤモンド・プリンセスの報道を毎日、繰り返している間に日本各地で感染が進んでしまっています。

日本政府は全中国人の日本への入国を拒否すべきだったのです。しかし、湖北省しばりの入国禁止措置はザル措置なのです。なぜかは、頭のいい方でしたら気付くはずです。

大変残念ながら、1月26日に書いたこの記事の内容が現実化しつつあります。

今後、新型コロナウイルスの感染者はネズミ算のように指数関数的に増加していきます。人は毎日、移動を繰り返しているため、感染拡大を前にして手の施しようがありません。

もはや、自分の身は自分で守るしかないフェーズに突入しています。

手洗いの徹底、マスクの装着、なるべく人混みに行かない、目と鼻、口を触らない、理想としては家にこもる、など、自分でできることを徹底していくしかありません。

 

[関連記事]

中国最大の検索エンジン、百度(バイドゥ/Baidu)で中国国内の感染者と死亡者数、ならびに中国以外の国々の感染者数を閲覧できます。こちら。

新型コロナウイルスのデータ(by バイドゥ)  

 

Wrote on January 26, 2020

Rewrite on January 30, 2020

Rewrite on February 02, 2020

Rewrite on February 12, 2020

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び