個の時代が進む21世紀-高林秀亘

トライブ(人を動かす5原則)部下を動かすのにリーダーシップは不要

ビジネスシーン

なぜ、優れたリーダーでも、新しい環境では失敗することが多いのでしょうか?そして、なぜ、並のリーダーでも、本来の能力よりも優れているように見えるのでしょうか?

この疑問の解明に取り組むために、著者のデイヴ・ローガンは24,000人を対象にした10年に及ぶ追跡調査を実施しました。

 

追跡調査の結果、意外なことに、会社の中で部下を動かしていく上で、リーダーシップはほとんど関係無いことが分かったそうです。そして、辿り着いた結論は、本書のテーマにもなっている「トライブ」。直訳すると、部族や集団といった意味。

 

トライブには5つのレベル

「トライブ」は5つのレベルがあります。

そして、組織の中にいる人は、全員必ずこの5つのステージのどこかに所属しています。上位のトライブにレベルが上がれば上がるほど、組織にいる人はイキイキと働く。上位のトライブにいる人は、リーダーシップを発揮して、こと細かな指示は不要です。

では、各トライブを見ていきましょう。

 

◆第1段階:

【人生は最悪だ】

このステージにいる人は暴力の世界に住んでいます。奪い合いの世界なので、自分の周りは常に敵ばかり、生まれて生きること自体が不幸だと思っています。

 

◆第2段階:

【私の人生は最悪だ】

このステージにいる人は第1段階とは違い、人生には良い人生と悪い人生があることは理解しています。しかしながら、自分の人生は最悪で何をやっても上手くいかない、上手くいくはずがないと思っています。

 

◆第3段階:

【私は素晴らしい(が、あなたはダメだ)】

この段階になると自分が優秀であると認識し始めます。ところが自分は優秀だが周りは無能、周りは自分の足を引っ張る人間ばかりというような一匹狼的な考え方になります。

 

◆第4段階:

【私たちは素晴らしい(が、あなた達はダメだ)】

先の第3段階からレベルアップすると自分のチームが素晴らしいと思うようになります。自分のチーム、自分の会社は素晴らしいが他のチーム、他の会社は自分たち以下という考え方をします。

 

◆第5段階:

【人生は素晴らしい】

この段階にくると、人生は素晴らしい、生きることが素晴らしいという考え方になります。仕事を純粋な好奇心でこなすようになり、全てがプラスの好循環になるのです。

 

組織にいる全ての人は、この5つのステージのどれかに所属しています。そこで、リーダーの役割は組織にいる人の各々のトライブに応じてレベルを引き上げていくだけで済むという。

本書の中の数多いテクニックでメンバーのトライブ・レベルを上げれば、チームは驚くほどの集団に変貌するかもしれません。詳しくはこちら。

http://directlink.jp/tracking/af/997591/FxOrZBp4/ new_window_icon_black

 

◆90日間保証
この本を読まれて、気に入らないようでしたら、上記リンク先ページ内の連絡先へご連絡ください。購入日より90日間以内に本を返品していただければ、代金を全額返金いたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。