画像編集ソフトならウェブアートデザイナーがコスパ最高

画像編集ソフトと言えば、プロユースのAdobe PhotoshopとIllustratorが広く知られています。

Webデザイナーであれば、PhotoshopとIllustratorが必須のツール。印刷物のデザイナーもこれらの画像編集ソフトが必須。

プロのデザイナーであれば、PhotoshopとIllustratorが鉄板のソフト。

これらの画像編集ソフトはプロユースが前提のため、機能が満載なのは言うまでもありません。それ故、デザイナーであっても、PhotoshopとIllustratorの中で使った事のない機能があるのではないでしょうか?

他方、ブロガーやアフィリエイター、中小企業のWeb担当者が写真を編集したり、バナーを制作する場合、PhotoshopとIllustratorはハードルが高い画像編集ソフト。

そこで、ブロガーやアフィリエイター、中小企業のWeb管理者にとって取っ付きやすい画像編集ソフトをご紹介します。

悩ましい画像編集ソフト選び

画像編集ソフトは無料Webアプリから無料画像編集ソフト、Photoshop、Illustratorまで様々。各種、画像編集ソフトはそれぞれメリットとデメリットがあります。では、以下、簡単にまとめてみます。

無料Webアプリ

画像編集ソフト、canva
Canva

無料Webアプリの代表的なものとして、Canvaが挙げられます。

Canva

Canvaは無料とは思えないほど、多彩な機能が用意されています。しかし、写真の加工やバナー制作となると、役不足の感が否めません。

この無料Webアプリのメリットとデメリットはこちら。

メリット

・無料

・操作がシンプル

デメリット

・機能に制限がある

・代表的なフォントが使えない

無料画像編集ソフト

画像編集ソフト、GIMP
GIMP

無料画像編集ソフトとして、GIMPが挙げられます。GIMPはPCにダウンロードして使用するソフト。GIMPは日本語にも対応しているため、海外製ソフトにあるあるの英語表示で戸惑うことはありません。

なお、GIMPの画面はPhotoshopやIllustratorぽくデザインされているものの、操作感は異なります。

GIMP

メリット

・無料

・機能が豊富

デメリット

・操作にクセがあってハードルが高い

・操作に慣れるまで時間を要する

他にも、検索すると無料Webアプリや無料画像編集ソフトはヒットします。やはり、無料サービスは帯に短し襷(たすき)に長しの感があります。もちろん、無料のサービスである以上、文句は言えません。

Photoshop, Illustrator

Photoshop, フォトショップ
Photoshop
illustrator, イラストレーター
Illustrator

Photoshop/フォトショップとIllustrator/イラストレーターは誰もが認めるプロユース用の画像編集ソフト。

メリット

・高機能

・デザイナーの世界で幅広く使われている

デメリット

・デザイン初心者にはハードルが高い

・PCのスペックによっては動きが重い

・月額課金制

以上のように各画像編集ソフトはメリットとデメリットがあります。

ブロガーや中小企業のWeb管理者にとって、Web無料アプリは物足りなさを感じるかもしれません。そして、GIMPは操作にクセがあり、使いこなすまでに時間がかかります。

また、PhotoshopとIllustratorは専門性と敷居が高いソフト。これらは、高機能な画像編集ソフトではあるものの、使いこなすまでに時間を要します。

このように、初心者や手軽な画像編集ソフトを求めている方にマッチするソフトは少ないのです。

そこで、管理人が長年、愛用しているおすすめの画像編集ソフトは「ウェブアートデザイナー」。

ウェブアートデザイナー

画像編集ソフト、ウェブアートデザイナー
ウェブアートデザイナー

画像編集ソフトの「ウェブアートデザイナー」は株式会社ジャストシステムが販売する有料ソフト。しかも、ウェブアートデザイナーは単体では販売されていません。

ウェブアートデザイナーはホームページビルダーに付属している画像編集ソフト。この画像編集ソフトの特徴はこちら。

特徴

・初心者~中級者向きの画像編集ソフト。

・直感的に操作できる。

・シンプルな写真加工やバナー制作などにピッタリ。

・ほとんどバージョンアップ無し

→管理人が調べた限りでは、ウェブアートデザイナーはほどんどバージョンアップされていない模様。ウェブアートデザイナーはホームページビルダーのオマケ的なソフトであるのが理由なのでしょう。

よって、ソフトのバージョンアップによる陳腐化→Ver.アップ版購入の輪廻を繰り返す必要がありません。

では、ウェブアートデザイナーのメリットとデメリットを挙げてみます。

メリット

・操作が簡単

・ソフトが軽い

・買い切り版ソフト

デメリット

・機能はPhotoshopやIllustratorに及ばない

・プロが使用するモリサワフォント等が使えない

このような方向き

・プロデザイナーではない方

・ブロガー

・アフィリエイター

・個人や中小企業のWeb運営、管理者

・その他、手軽な画像編集ソフトを求めている方

ホームページビルダーを購入しても、実際に使うソフトはウェブアートデザイナーのみ。なお、ホームページビルダーにウェブアニメーターというソフトも付属しているため、WebページにアニメーションGIFを組み込むことが可能です。

ホームページビルダー

管理人が持つ印象として、ホームページビルダーはインターネットの黎明期である2000年前後からCMSでシェアNo.1のWordPressが認知され始めた頃まで、一定の支持を受けていたホームページ制作ソフト。

今や、検索するとWordPressで制作されたWebサイトが大量にヒットすることもあり、もはやホームページビルダーは今更感が否めません。WordPressであればページの追加や編集、プラグインの追加によるカスタマイズが容易なため、Webを立ち上げるならば、WordPressの方が圧倒的な優位性があります。

対応OS

Windows® 10/Windows 8.1[32bit版/64bit版]

価格

ビジネスプレミアム

パッケージ製品:27,000円(税別)

ダウンロード版:25,000円(税別)

スタンダード

パッケージ製品:16,000円(税別)

ダウンロード版:15,000円(税別)

ウェブアートデザイナーはビジネスプレミアムとスタンダードの両方にバンドルされています。ウェブアートデザイナーの使用が目的のため、安価なスタンダード版で十分です。

まとめ

無料のGIMPやサブスクリプションタイプのPhotoshop, Illustratorのように高機能で且つ、ウェブアートデザイナーのように簡単で直感的に使える画像編集ソフトは存在しないと思います。もし、そのような画像編集ソフトが存在するならば、教えていただきたいくらいです。

画像編集ソフトを高機能化すると、どうしてもソフトの操作が複雑になってしまい、初心者には敷居が高くなるソフトと化します。

個人や中小企業のWeb管理者が写真を加工したり、シンプルなバナーを制作するならば、ウェブアートデザイナーで十分です。以下、ウェブアートデザイナーの特徴をまとめます。

・初心者が直感的に操作できる。

・ブロガーやアフィリエイター、中小企業のWeb管理者に最適。

・ソフトが軽く、PCがサクサク動く。

・有料ソフト。

・プロが使用するフォントが使えない。

・画像処理の機能はPhotoshop, Illustratorに及ばない。

【Amazon】

ホームページビルダー スタンダード

【楽天市場】

ホームページビルダー スタンダード

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP