個の時代が進む21世紀-高林秀亘

GoogleエンジニアでもAdWords広告をフルに使いこなせないだろう

google-logo

AdWordsの度重なるバージョンアップ

Googleの各種サービスの中でも、AdWords広告はそれなりの歴史があります。歴史と言っても、Googleそのものが若い会社ではありますが。

私は、随分前からAdWordsに接してきたこともあり、AdWordsの世界を眺めながら働いてきたとも言えます。

 

AdWordsの歴史は、度重なるバージョンアップの歴史と言い切ることができます。多くのアプリケーションサービスがクラウドとなっている中、勿論、AdWordsもクラウド型サービス。

かつては、毎週のようにAdWordsの管理画面を確認していました。AdWordsにログインする度に、新たな発見があることが多い。

AdWordsの管理画面はジェット機のコックピットのような世界。日常業務でクリックするボタンはある程度決まっていますが、そうではないボタンの方が圧倒的に多い。しかも、各表示にGoogle特有の表現が多い。

 

AdWordsは究極のマーケティングツール

このAdWords広告を一言で表すと、こんな感じでしょうか。

「AdWordsはマーケティングのプロ中のプロが日常業務で仮説と検証を繰り返して、深くデータ分析ができる究極のマーケティングツール。」

 

Google AdWordsのプロジェクトチームのエンジニアであっても、AdWords管理画面の全ての機能を使いこなすことは難しいでしょう。これは多機能という意味とバージョンアップが頻繁であるからです。

このGoogle AdWordsとYahoo!プロモーション広告は敷居の低い広告ツールですから、プローモーション、ブランディング、商品販売の上でも便利な媒体です。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

AGA(男性型脱毛症),FAGA(女性男性型脱毛症)のクリニック選び

ヒゲ脱毛、メンズ脱毛クリニック、脱毛サロンの選び方

包茎手術、包茎治療のクリニック選び

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com