個の時代が進む21世紀-高林秀亘

製造業の借入金の額が年商に匹敵するのであれば、破綻状態

お金、お札

とある会社の借入総額が月商の3ヶ月以内であれば、業種と粗利益にもよりますが健全経営の範疇にあるかもしれません。

ところが、会社の借入金の額が月商の5ヶ月であればイエローカード。

会社の借入金の額が月商の6ヶ月であれば、赤点滅あるいは赤点灯でしょう。

もし、とある製造業の借入金の額が年商に匹敵するのであれば、破綻状態か破綻寸前に近い。

 

もちろん、一概には言えないものの、仮に、年商5億円の会社の借入金が年商と同額で、粗利益率が20%前後であれば赤点灯。

借入金の額が年商と同額であれば、もう再建は容易ではありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。