個の時代が進む21世紀-高林秀亘

ラスベガスのお巡りさん、お勤めご苦労様

ラスベガス、エッフェル塔

アメリカ合衆国はお酒に厳しい国。これは、宗教の概念が国家に深く絡んでいるからかもしれません。

原則、アメリカでは屋外での飲酒は厳しく規制されています。

アメリカ合衆国は連邦政府の集合体であり、各州はそれぞれ1つの国家に近い権限を有しています。

つまり、アメリカ合衆国の国民は州をまたぐ毎に、その州の法律が適用されます。ワシントン州からオレゴン州へ入れば、物品購入時の消費税はゼロに。

理解に苦しむかもしれませんが、アメリカでは州によって法律が違って当然。

 

もし、神奈川県から静岡県に入れば、法律が変わるならばどう思いますか?

ネバダ州といえば、ラスベガス。ギャンブルが合法の街。

いずれにしても、先進国の中で唯一GUN保有が合法のアメリカでは、お巡りさんも激務ですね。

 

 

関連記事

コメント

    • チョビ
    • 2016年 2月 14日

    こんばんわ。
    アメリカはそれぞれの州が独立しているので法律とかも違ってきますよね。
    応援して帰ります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。