個の時代が進む21世紀-高林秀亘

100円ショップ、ダイソー社長、矢野博丈氏の飾らない言葉

100円ショップ

100円ショップDAISO/ダイソーの店内はイオンの看板のようなピンクカラーで統一されていることもあって、柔らかな雰囲気でお客さんを歓迎してくれます。

100円ショップの製品は100万ロット単位で発注をかけるそうで、従来の価格を維持できるようです。すべての商品が100万ロット発注なのかは知る由もありませんが、生産個数にかなうものは無い代表例でしょう。

 

ダイソーの創業者、矢野博丈氏のインタビュー

さて、日経トレンディネットにダイソーの創業者、矢野博丈氏のインタビュー記事が掲載されています。

創業者曰く、「過去が通用しない、訳が分からない時代」とのこと。
日経トレンディネット「100均の神様」new_window_icon_black

 

ダイソーは資本金27億円、年商3,500億円に達する大企業。デフレが長引く中で、むしろそれが追い風となって成長した企業。この出現により、生活雑貨や文具店が少なからず影響を受けたことでしょう。

 

学生や社会人が100円ショップを利用する目的の一つとして、文房具の購入が比較的多いと思います。私が生まれて初めて100円ショップに入った時、今までの商品購入は何だったのだろうかと頭をよぎったものです。

 

100円だから文句が出ない

過去において、100円ショップの文房具の中には、日本ブランドと比べて品質が今一つの感がある商品があることはありました。しかし、価格が100円であるから文句はありません。

100円ショップで文字が書けない鉛筆、文字が消せない消しゴム、鉛筆が削れない鉛筆削り、紙が切れないハサミは販売されていません。日本人は品質の高い製品に慣れています。

100円のハサミと1,000円のハサミを比べちゃいけない。

100円の商品に100円以上の価値を求めるのが間違いでしょ。

 

100円ショップの製品は概ね優秀でコストパフォーマンスが高いと思います。値段と品質のバランスがとれていればいいのです。

日本には、クオリティが高い製品を作らなければならない思想が根底にあると思いますが、それが全てではないことをダイソーが証明したとも言えると思います。

 

ダイソーのあえて検品しない企業戦略

クソ真面目に検品をしない 

 

YouTuber – 靴磨き芸人

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。