個の時代が進む21世紀-高林秀亘

病院に行くなという本の出版が続く理由/武田邦彦氏

車いす、車椅子

ガン治療に関して、独自の切り口を提唱する医師やジャーナリストが少なくありません。Amazonで検索すれば、その分野の本は1冊や2冊ではありません。

 

ガン治療に独自の考えを提唱する医師として、近藤誠氏の名前が浮かびました。

近藤氏は元・慶應義塾大学医学部の専任講師で、現在は近藤誠がん研究所の所長。放射線治療を専門とし、著書を通じて外科手術・化学療法・放射線療法に警鐘を鳴らしています。

 

私は近藤氏の著書に目を通している一人ですが、先生の考え方はそれはそれで一つの道だと思います。しかし、近藤氏の考え方がガン治療の全てだとは思いません。

医師ではない私が「何を偉そうに」といった声が聞こえてきそうですが、医師の本を読んでも、ガン治療に対する考え方は1つだけではありません。それぞれ医師によって、独自の考え方が書かれています。

 

つまり、ガン治療に決定打は見つかってはいないと言えるのではないでしょうか。

何故か考えてみるのも頭の体操になるでしょう。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。