個の時代が進む21世紀-高林秀亘

AJ統合研究所のセミナーに参加/横浜市青葉公会堂

AJ統合研究所のセミナーが開催された。

以前は港区立商工会館でセミナーが行われていたが、今年の後半から横浜市青葉公会堂へと会場が変更されている。

 

特定疾患

門馬氏の講演で必ず出てくる内容は特定疾患についてである。

この特定疾患という言葉を知っている人は、それほど多くないと思う。健康で病院とは縁な無い人や医療関係者以外で、この言葉に触れることは少ない。少なくとも、これは一般的な言葉ではありません。

管理人がこの言葉を知ったのは32、33歳の頃。管理人も病院には縁が無い一人で、本来ならこのような言葉を知る機会も無かったと思います。

 

この特定疾患とは日本の厚生労働省が指定する難治性疾患であり、原因が不明で具体的な治療方法が確立していない病を意味する。

2012年現在、対象は130疾患。この130疾患のうち56疾患については、医療費の負担を一部または全部が免除される。ちなみに、アメリカでは特定疾患の数が7,000にのぼるようです。

 

健康な人がこのような事実を知っても、他人事のように感じることでしょう。しかし、これは現実の問題であって、知識を広げるための情報として知っていて損は無いと思います。事故や病気は予測できないもの。

この特定疾患に該当する患者数は日本で約84万人、アメリカでは3,000万人という。これはとてつもない違いです。先のように、アメリカでは特定疾患の数が7,000にものぼるため、該当患者数もそれだけ多いということになります。

 

日本の特定疾患が少ないのは・・

ということは、もし日本の特定疾患の数が今後、130からそれ以上に増えていくならば、患者数も比例して増加することになります。

時折、芸能人や有名人がこの特定疾患を患ったり、それが原因で亡くなってしまうニュースが報道されます。ギラン・バレー症候群やクローン病という病名を記憶している方がいるかもしれません。

門馬氏はこれらの特定疾患を含めた難病は決して他人事ではないと力説し、日々その対策を含めた統合医療を研究されています。

最近、ヒカルランドより出版された本はこちら。

治さない医療よさらば/がんで死ぬなんておかしい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

食を探究するジャパンフード

口臭ケア対策

メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る

グラビティGravityローダウンサスペン、車高調(全長調整式)

Zymol-ザイモールWax カルナバワックスで至高の輝き

セールスレターの作成代行なら、DRM-letter.com

重い金庫を送料無料でお届け!

防犯用、超小型カメラ、スパイカメラ専門店

自転車、電動アシスト自転車、折りたたみ自転車、三輪自転車を送料無料でお届け!

快適な生活空間を創造-インテリア家具

ダイヤモンドジュエリー通販-ペンダント、ピアス/ギフトラッピングサービス

コスプレ衣装-イベント、パーティー、宴会グッズ通販専門店

ポチっとお願いします。